【2017年版】若年層女性のクリスマスに関する調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【2017年版】クリスマスに関する調査

TesTee Lab ×  マイナビティーンズ ラボ コラボ調査第2弾!

 

最近の若者にスポットを当てた若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」と

ティーン向けマーケティング事例やティーンのトレンド・リサーチデータの情報を発信する「マイナビティーンズラボ」のコラボが実現!

 

第2回目となる今回は、2017年のクリスマスの過ごし方やプレゼントについて

10代、20代女性798名(10代女性446名、20代女性352名)を対象に調査を実施しました。

TOPICS

■10代女性の交際率は10.9%、20代女性の1/3の交際率と判明

■クリスマス≠恋人!?イベントは友達と過ごしたい10代

■10代、20代女性のクリスマスプレゼントの購入金額予算は・・・

■10代、20代女性の考える理想のクリスマスとは?

■2017年のクリスマスのキーワードは“ゆっくり” と少しの”特別感”

10代女性の交際率は10.9%、20代の約1/3と判明。

まず、10代、20代の女性を対象に現在の交際状況を尋ねました。

「現在恋人がいる」と回答した人は10代女性で10.9%、20代女性で54.2%(内、既婚者は20.7%)となりました。20代の未婚女性のみを見てもその交際率は33.5%です。

それに対し、10代女性の交際率が1割程度と20代未婚女性の1/3にとどまる結果は、予想以上に低いと言えそうです。

今回の調査では10代の回答者のうち8割が高校生であることから、特に高校生の恋愛離れが進んでいるのかもしれません。

クリスマス≠恋人!?イベントは友達と過ごしたい10代

続いて、2017年のクリスマスに関して予定を聞きました。

 

10代、20代女性ともに約3割が「既に予定がある」と回答しました。

「既に予定がある」と回答した人を対象に、「最も楽しみにしているクリスマスを過ごす相手」を尋ねたところ

10代女性は、「友人や知人」と回答した人が61.3%と最も高い結果となりました。一方、20代女性は、「恋人や好きな人」と回答した人が34.3%と最も多く、僅差で「家族(配偶者や子供)」と回答した人が30.2%と続きました。

クリスマスは10代女性にとっては「友人、知人」と、20代女性にとっては「家族や恋人」と一緒に過ごすのが楽しみな日となっているようです。

10代20代女性のクリスマスプレゼントの購入金額予算は・・・

さらに、クリスマスに既に予定があり、プレゼントを購入する予定があると回答した人を対象に「プレゼント購入にかける金額」を聞きました。

10代女性は「〜3,000円未満」が約6割となりました。20代女性は「金額は決めていない」と回
答した人が40.6%と最も多い結果となりました。

マイナビティーンズテスティー10代20代女性クリスマス調査プレゼント購入金額

マイナビティーンズテスティー10代20代女性クリスマス調査プレゼント購入金額

予算を決めている20代女性においては、その金額は分散傾向にあったものの「3,000〜10,000円未満」でのプレゼント購入を予定しているようです。

友人、知人」と過ごす人が多い10代女性は、プレゼント交換などを考えて予算内で探している様子が伺えました。

一方、「恋人や好きな人」「家族」と過ごすことをメーンに考えている20代女性は、金額でプレゼントを決めるわけではないようです。

10代、20代女性の考える理想のクリスマスとは?

次に、10代、20代女性全員を対象に「どんなクリスマスに憧れるか」を尋ねました。

【10代】

イルミネーションをみながらディズニーデート

友達とお泊りクリパ

家でのんびりして、夜になってイルミネーションを見に行く!

恋人とイルミネーション

少しいつもよりお洒落をして、仲の良い友達とか、居たら恋人とかと、少し神聖な気分を味わいながら、イルミネーションを見たあと、誰かの家(一人暮らし)で気張らないのんびりとしたホームパーティーをする。

【20代】

好きな人とキャンドルナイト

のんびり過ごしたい

家で彼と一緒にクリスマスパーティー

観覧車で指輪をもらう

家族で泊まりディズニー

恋人とホームパーティー

旦那とホテルのレストランで食事をして宿泊

10代、20代女性ともに、「ディズニーデート」という回答が多く挙がりました。

一方、「家でゆっくり過ごしたい」という「おうちデート派」も見られました。

 

その他の回答を10代、20代女性で比較すると、10代女性では「イルミネーションを見に行きたい」という意見が多く、20代女性では「ディナーを食べに行きたい」という意見が多い結果となりました。

クリスマスはお家でまったりが理想。およそ8割の10代女子は「サプライズ」を期待!

最後に、5つの質問を2択形式で、直感的に選んでいただきました。

まず、「クリスマス」に関してのアンケートでは

マイナビティーンズテスティー10代20代女性クリスマス調査二択アンケート

10代女性は約8割が「サプライズをして欲しい」と回答したのに対し、20代女性では約半数となりました。

10代女性が「サプライズをして欲しい」と回答した背景には、若年層女性の間で普段から誕生日や記念日などに「黒板アート」や「机一杯のお菓子」でお祝いすることが流行していることが関係しているかもしれません。

また、「恋人」に関するアンケートでは、

マイナビティーンズテスティー10代20代女性クリスマス調査二択アンケート

「人前でも恋人に甘えられる」と回答した人の割合は、10代女性で11.8%、20代女性で19.9%と20代女性の方が積極的だったのに対し、

「恋人との写真をSNSに写真をアップする」と回答した人の割合は10代女性で33.7%、20代女性で15.6%となり、10代女性の方が抵抗感が少ないようです。

まとめ「2017年のクリスマスのキーワードは”ゆっくり”と”少しの特別感”」

 

以上、「若年層女性のクリスマスに関する調査」についてご紹介しました。

10代女性は、「友人とディズニー」などクリスマスを”コト”ベースで楽しむ印象を受けました。また、「もらえるならなんでも嬉しい」「サプライズをして欲しい」と回答した割合が高く、気持ちの表現を重要視している様子も伺えました。

 

20代女性は社会進出する人や家庭に入る人など、生活の変化を受けて、“モノ”に対する価値観が変わる様子が伺えました。クリスマスを「恋人」や「家族」と過ごしたいという回答が多く、10代女性に比べると「プレゼント」や「食事」に対してクリスマスはリッチに過ごしたいと考えている人も見受けられました。

10代、20代女性ともに「ゆっくり家で過ごしたい」という意見が多数を占めた調査結果から、クリスマスに特別なコトをする若年層女性は一部の層であると考えられます。

クリスマスだからと言って非日常を求めるわけではなく、日常通り過ごしながらちょっとしたサプライズや贅沢を味わいたいと考える人が多いのかもしれません。

 

以上の調査結果から、若年層女性における2017年のクリスマスのキーワードは“ゆっくり”と“少しの特別感”と言えそうです。

————

調査対象:10代、20代 / 女性 / 都内近郊在住 / マイナビティーンズモニター、自社モニター会員

割付方法:798サンプル(10代 446サンプル、20代 352サンプル)

————

株式会社TesTee(テスティー)では、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。

10代20代に対するアンケート調査やこんな調査をしてみて欲しい!という方は

株式会社TesTee(テスティー)へお問い合わせ下さい。

 

また、ティーン向けプロモーションに興味をお持ちの担当の方は

マイナビティーンズラボへお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら!

関連記事

SNSでもご購読できます。