懸念事項は「値段」ではなかった!若年層の自動車事情調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
若年層自動車調査結果メイン

皆さん夏はどうお過ごしでしょうか。

旅行や帰省など遠くに行く機会も多かったと思います。

私も旅行に行ったところ、帰り道で渋滞に巻き込まれ延々と続く自動車に辟易としている際、ふと思ったことが。

「“若者の車離れ”という話はよく聞くけど、実際にはどうなんだろう…」

気になったらスグリサーチ!自動車について10代、20代の若年層の皆さんに調査しました!

 

TOPICS

 ・18歳以上の若年層の自動車所持率は4人に1人

・若者が自動車に求めるものは〇〇

・若年層と自動車を近づけるためには?

18歳以上の若年層の自動車普及率は・・・

18歳〜25歳の若年層の皆さんに、自動車の免許を持っているか調査しました。

若年層免許所持率調査結果

免許の所持率は18〜25歳の若年層のおよそ2人に1人の割合。

また、免許所持者に自身の自動車を持っているかどうか聞いてみると、このような結果に。(下図)

若年層自動車所持率調査結果

自身の車を持っている人は免許所持者の半分に満たないのですね。また、全体で見ると18〜25歳の若者は4人に1人の割合で自身の自動車を持っているという結果に。

免許は持っているが、自身の自動車を持っていない人に、自動車を買う予定はあるか調査しました。

若年層自動車購入予定調査結果

8割以上の人が購入予定が無いようです。

その理由をアンケート調査したところ、このような結果に。

若年層自動車不必要な理由調査結果

一番の懸念事項はやはり自動車本体や維持費の高さのようです。

次いで、使用頻度が多くない家族が持っている、という理由が多く挙がりました。

若者は、「自分の車」にそこまでこだわりがないようですね。

その他の理由としては、

置き場所がない (24歳 女性)

駐車場がない (23歳 女性)

都内なので電車で移動するほうが便利 (24歳 男性)

などが挙げられました。

交通整備がしっかりしている都市部では、駐車場探しなど確かに大変ですものね。

交通の便が良いということは自動車にとって良いことばかりではないのですね。

18歳未満の若者が欲しい車は高級車よりも〇〇な車

では、18歳未満の若者達はどう考えているのでしょうか。

17歳までの若年層にも将来自動車が欲しいかどうかリサーチを行いました。

18歳未満若年層自動車興味率調査結果

意外にも、70%以上の若者は自動車が欲しいと回答。

欲しいと回答した人に、どのような自動車が欲しいか、さらにアンケート調査したところ、これもまた以外な結果に。

18歳未満若年層希望自動車調査結果

18歳未満の若年層は高級車や外車といった見た目やブランド性の高いものではなく、「安心感」「エコ・燃費」といった部分を重視するようです。

また、自動車が欲しくないと回答した人にも、理由をアンケート調査しました。

18歳未満若年層自動車不必要な理由調査結果

金銭面よりも、運転に関する不安が多くの割合を占めました。

18歳未満の若者達にとって、自動車に求めるものは「安心」なのですね。

若者たちと自動車を近づけるには・・・

では、18歳以上で免許を持っていない人は、自動車に興味が無いのでしょうか。

18〜25歳の若者に免許があったら自動車が欲しいと思うか調査しました。

若年層免許未所持者自動車興味率調査結果

60%以上が欲しいと思うと回答。

自動車に興味がないわけではなく、免許取得が面倒だと思っている人も多いのではないでしょうか。

若年層自動車調査結果サブ

また、欲しくないと回答された人にも、理由をアンケート調査。

若年層免許未所持者自動車不必要な理由調査結果

ここでも、本体や維持費よりも「使用頻度が少なそう」「運転が怖い」という理由が多くを占めました。

やはり10代20代の若年層には「自動車」は外面的な「ステータス」よりも「安全性・利便性」を重視するようになっているようです。

若年層自動車調査結果まとめ

若年層と自動車を結びつけるためには

①自動車に興味を持つ

②免許取得

③自動車購入

といったフローで考えていく必要があるのではないでしょうか。

今回の調査結果より

①自動車に興味を持つ

18〜25歳の若年層の中で自動車に興味を持っている割合はおよそ81%(1997人/2436人)、また18歳未満の若年層では約74%(1059人/1428人)

②免許取得

18〜25歳若年層で実際に免許を持っている割合は約51%(1268人/2436人)

③自動車購入

自身の自動車を購入している18歳〜25歳若年層の割合はおよそ24%(586人/2436人)

といったことが判明。

また、多くの若者たちが自動車を敬遠してしまうネックは「免許取得の面倒さ」や「使用頻度の少なさ」「運転への不安」、一方自動車に重視するものは「価格」だけではなく、「エコ」や「安全性」であるということも見えてきたと思います。

自動車産業は日本の発展の大きな立役者。

若年層の皆さんと自動車を再び結び付けられれば、より快適な暮らしへと繋がるのではないでしょうか。

 後記

以上、若年層の自動車事情の調査結果を紹介しました!

若者も自動車に興味が無いわけではないようですね。

アプローチやサポート次第で、自動車人気も保ち直せるのではないか、という希望が見えた気がします。

弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。

10代20代に対するアンケート調査やプロモーションに興味をお持ちのマーケティング担当者の方や、こんな調査をしてみて欲しい!という方は是非お問い合わせ下さい!

 

調査依頼募集中!

関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。