イマドキガールズ徹底分析!旅行に関する調査結果を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Girls Research Press × TesTee 企画第1弾

イマドキガールズの流行を発信しているフリーペーパー「Girls Research Press」

最近の若者にスポットを当てた、若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」のコラボが実現!

 

Girls Research Press の5月号で紹介された「旅行特集」のデータをもとに

TesTeeユーザーのうち16〜25歳の女性1,008名を対象に深堀調査を実施!

 

若年層女性の旅行に関する調査の結果をご覧ください!

TOPICS

国内旅行が大人気!?直近1年以内に行った人気の旅行先ランキング

旅行の醍醐味は”おいしいご飯”と”写真に撮りたくなる観光スポット”

・旅好きガールズが使う”旅行ハックアプリ”6選!

・「行きたい都市ランキング」の上位都市在住者に聞く「オススメスポット」!

国内旅行が大人気!?直近1年以内に行った人気の場所ランキング!

Girls Research Press 5月号で紹介された「旅行特集」の情報によると、イマドキガールズは「旅行好き」で、旅行先は「国内派」が圧倒的多数という結果でした。

そこで、TesTeeユーザーのうち、「旅行が好き」を回答した16歳から25歳女性1,008名に緊急アンケートを実施。旅好きガールズの実態を調査しました!

まず、「1年以内に旅行に行きましたか?」と聞きました。

「旅行した」と答えた若年層女性は55.3%となり、半数以上がこの1年以内に旅行に行っていることが判明。

さらに、「国内海外どちらに行きましたか?」と聞いたところ国内のみ旅行した人は80.0%、海外のみ旅行した人は12.4%となりました。

国内、海外どちらも旅行した人を合わせると、国内旅行をした人は87.6%となりました。

Girls Research Press調べの「旅行に行くなら?」というアンケートでも、73.0%のガールズが「行くなら国内旅行!」と回答しています。これらの結果から若年層女性において国内旅行の人気が高まっていることがわかります。

さらに、「直近1年以内に国内旅行へ行った」と答えた728名を対象に「実際に行った旅行先」について調査しました!

結果は、東京が第1位!第2位は京都、第3位は大阪と続きました。

他にも「東京ディズニーランド」や「ユニバーサルスタジオジャパン」を目的に旅行したという回答も多く見られ、テーマパークを目当てに旅行する若年層女性も多いことがわかりました。

ちなみに、海外旅行に行った人からは「ハワイ」「韓国」「台湾」へ行ったという回答が多く挙がりました。ハワイは定番の人気旅行先ですが、比較的安価に旅行ができるアジア圏の人気も高いことがわかりました。

国内旅行へ行った人を対象に「海外旅行より、国内旅行へ行った理由」を聞いたところ

行くのは楽しいけどお金がかかる 20歳女性

準備が手間になることとトラブルの対応に苦労しそう 22歳女性

計画がうまくたてられない 24歳女性

という回答が挙がりました。金銭面や計画の立てやすさなどを考慮して「国内旅行」を選択する若年層女性するが増えているようです。

旅行の醍醐味は”おいしいご飯”と”写真に撮りたくなる観光スポット”

次に、旅行先を決めるときに重視するポイントを聞きました。

およそ6割の若年層女性が「食べ物・飲み物」と言った現地の特産品と「観光スポット」を重視していると回答。

続けて、「SNSに写真をアップしますか?」と聞きました。

半数以上の若年層女性が旅行先で撮影した写真をSNSにアップすることが判明。

写真をアップするSNSを調査した結果「Twitter」が第1位で65.3%、次いで「Instagram」が第2位で61.1%となりました。

そこで「SNSにどんな写真をアップしますか?」と聞いたところ

およそ8割もの若年層女性が「食べ物・飲み物」と「風景・景色」と回答!

 

先ほど旅行先を決める時に「食べ物・飲み物」「観光スポット」を重視する若年層女性が多い点について紹介しましたが、SNSにアップする写真もそれと類似していることが判明しました!

旅行先で美味しいものや観光スポットを堪能し写真を撮ってSNSにアップする、という一連の流れが若年層女性における掟のようですね♪

旅好きガールズが使う”旅行ハックアプリ”6選!

続いて、「直近1年以内に旅行した」と答えた人を対象に旅行に行った時の予約方法について調査しました。(複数回旅行へ行った人には複数選択回答をしていただきました。)

最も多かったのは、「スマートフォン」で32.9%、次いで「友人、家族が手配」で31.6%、「旅行代理店」で21.7%となりました。
パソコンを利用した予約は2割以下にとどまる一方、スマホを利用した予約が最多となった点はイマドキの若年層の特徴と言えそうです。

また、友人や家族、旅行代理店経由ではなくスマホやパソコンを駆使して自分で旅行を手配する積極的な若年層が半数以上いることもわかりました。

 

さらに、旅行の前後でアプリを利用したと答えた608名の若年層女性に実際に利用した”オススメ旅行ハックアプリ”を教えてもらいました!今回はその中でも特に多かった6アプリを厳選してご紹介!

「情報収集系」アプリでは、飲食店の紹介や写真が多用されているアプリが多く使われているようです。

他にも、「POOL」「NAVERまとめ」などのキュレーション系アプリも情報収集の際に利用しているようです。

「宿泊予約系」アプリでは大手旅行サイトの名前が多く挙がり、CMが印象的な「Trivago」や「Booking.com」の名前も挙がりました。

「行きたい都市ランキング」の上位都市在住者に聞く「オススメスポット」!

最後に、Girls Research Pressの「旅行特集」で「行きたい都市ランキング」に選ばれた上位5都道府県に在住している16〜25歳の女性320名を対象に、旅行者へ本当にオススメしたいものや場所を聞きました!

①スポット ②グルメ ③イベント ④体験

地方創生プロジェクト、印象に残っている「地方PR動画」

番外編として、若年層女性の間で国内旅行の人気が高まっている背景に

もしかしたら「地方PR動画」が関係しているのではないか⁉︎と思い、アンケートを実施しました。

「地方PR動画を見たことがある」と答えた16〜25歳女性の111名に「印象に残っている地方PR動画」を教えていただきました!

宮崎県小林市 「ンダモシタン小林」

大分県別府市 「湯〜園地」「シンフロ」

山口県 関市 「もしも、この世に〇〇がなかったら」

上記3つの名前が多く挙がりました。他にも

京都府宇治市 「宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜」

三重県 津市 「つ・がない世界」

宮城県登米市 「Go!Hatt 登米無双」

なども挙がりました。

面白くて魅力の伝わる地方PR動画は、若年層女性が旅行するキッカケの1つとなっているかもしれません。

あとがき

以上、若年層女性の旅行に関する調査についてご紹介しました。

今回は、「Girls Research Press」の調査結果をもとに、10代〜20代の旅行好きな女性TesTeeユーザーさんに協力していただきました!

旅行の思い出を投稿するSNSは「Twitter」、「Instagram」であることや、自分たちで検索して計画を立てることなど、イマドキガールズのリアルな「旅行事情」を垣間見ることができました。

余談ですが、印象に残った地方PR動画の調査で名前が挙がったものは全てチェックしました。

個人的には、鳥取県の「カニシリーズ(カニ蛇口、カニゴラスイッチなど)」がとても好きでした。

 

このように弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。

10代20代に対するアンケート調査やプロモーションに興味をお持ちのマーケティング担当の方や、こんな調査をしてみて欲しい!という方は是非お問い合わせ下さい!

 

 

お問い合わせはこちら!

関連記事

SNSでもご購読できます。