若年層男女の結婚に関する意識調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨今、「若者の結婚離れ」というニュースを見かけます。

“結婚にメリットがないと感じているようだ”との見解が多く見られますが、
そもそも若年層は結婚に対してメリット、デメリットを基準に考えているのでしょうか?

今回は10代、20代の若年層男女のうち未婚者2,066名(女性1,415名、男性651名)を対象に、結婚願望や理想のプロポーズなどを徹底リサーチ!

いまどきの若者の結婚に関する意識調査のレポートをご覧ください

 

TOPICS

・10代、20代男女の結婚願望

・若年層男女の結婚式に対する憧れとは

・結婚したい未婚女性748名の理想

・出会い方にも理想がある!SNSから始まる恋はあり?なし?

・結婚離れは本当?結婚に対してのイメージ。

10代、20代男女の結婚願望

まず、未婚の若年層男女2,066名を対象に「将来結婚したいと思いますか?」と聞きました。
〈女性〉

〈男性〉

「結婚したい」と答えたのは、10代女性で72.8%、20代女性で67.9%

10代男性で62.8%、20代男性で58.6%となりました。

女性は7割、男性は6割ほどの人に結婚願望があることが判明。また、男女ともに20代よりも10代の方が「結婚したい」と思っていることがわかりました。

さらに、「結婚したいと思わない」と答えた10代、20代男女を対象に理由を聞きました。

1位 26.6% 「結婚」にあまり興味がないから

2位 26.0% 1人の方が楽だから

3位 14.3% メリットを感じないから

上記以外を選択した人からは、「金銭面に不安があるから」「自由がなくなるイメージがあるから」などの声が挙がりました。

結婚が自身にとってまだ身近な存在でない分、結婚に対して興味がわかなかったり、結婚=面倒なものというイメージが先行したりするのでしょうか。

若年層男女の結婚式に対する憧れとは・・・

次に、「結婚したい」と答えた若年層男女を対象に「結婚式を挙げたいですか?」と聞きました。

〈女性〉

〈男性〉

「結婚式を挙げたい」と答えたのは、10代女性で80.7%、20代女性で69.4%、10代男性で76.3%、20代男性で61.2%となりました。10代においては男女ともに8割もの人が「結婚式を挙げたい」と回答。

男女とも20代に比べて10代の方が「結婚式を挙げたい」と考えていることが判明しました。

さらに、「結婚式を何処で挙げたいですか?」と聞いたところ

〈女性〉

〈男性〉

「国内で挙げたい」と答えた人が、10代女性で71.2%、20代女性で72.5%

10代男性の75.2%、20代男性の69.3%となりました。

若年層は男女ともに「国内での挙式」を望んでいる人が多数派であることが判明しました。

若年層女性748名の理想。

「結婚式を挙げたい」と答えた10代、20代女性748名を対象に、結婚式についてさらなる調査を実施しました。

まず、「和装(白無垢)と洋装(ドレス)はどちらがいいですか?」と聞きました。

10代、20代ともに「洋装」の選択者が多く、10代女性で84.4%、20代女性で75.7%となりました。

続いて「婚約指輪を欲しいですか?」と聞きました。

「婚約指輪を欲しい」と答えた人は、10代女性で76.6%、20代女性で67.4%となりました。

ちなみに、結婚式を挙げたいと回答した男性に対して「婚約指輪を買おうと思っていますか?」と聞いたところ、10代男性の86.8%、20代男性の89.8%と10代、20代ともにおよそ9割もの人が「買ってあげようと思う」と答えました。

若年層男性が女性よりも婚約指輪について前向きに検討していることが判明しました。

さらに、「理想のプロポーズはありますか?」と尋ねたところ10代、20代の男女ともに約2割の人が「ある」と回答。

そこで「理想のプロポーズがある」と答えた人を対象に、男女別に自由回答で「理想のプロポーズ」について教えていただきました。

〈女性〉

夜の観覧車の一番上で「結婚してください」とシンプルに 17歳女性

ディズニーランドのお城の前でプロポーズ 19歳女性

部屋でくつろいでる時にさらっといって欲しい 28歳女性

〈男性〉

夜景の見える展望台でプロポーズ 23歳男性

海辺 15歳男性

旅行先でサプライズ 19歳男性

女性からは「ストレートな言葉で言って欲しい」「2人きりであれば場所はあまり気にしていない」という回答が多く挙がりました。

一方、男性からは「夜景スポット」や「思い出の場所」などプロポーズのシーンにこだわる回答が多く挙がり、ロマンチックな場所でプロポーズしたいと考えているようです。

出会い方にも理想がある!SNSから始まる恋はあり?なし?

続いて、理想の出会い方について聞きました。

10代は男女ともに「学校」との回答が最も多く、20代男女は10代男女と比べて「趣味の場」と回答する人が多い結果となりました。

「その他」と答えた人からは、「運命的な出会い」や「偶然に」「自然に」との声が多く挙がり、恋愛や結婚を強く意識していない時に出会いたいと考えているようです。

さらに、未婚の男女全員を対象に「SNSやインターネットでの出会いに関してどう思いますか?」と聞きました。

〈女性〉

〈男性〉

10代は男女ともに6割以上が「なし」と回答。一方、20代は男女ともにおよそ6割の人が「あり」と回答しました。20代においては「SNSやインターネット」も出会いの場の1つとして捉えていることが伺えます。

「あり」と答えた人を対象にその理由を聞きました。

〈ありだと思う〉

趣味が合う人が見つけやすいから 18歳女性

出会い方は人それぞれだと思うから 16歳女性

インターネットもれっきとした出会いの場だと思う 15歳男性

出会いの場が少ない人もいると思うから 20歳男性

今の時代においては、SNSやインターネットを介した出会いもあるという認識のようです。対して、「なしだと思う」と答えた人からは危険性の指摘が多く見られました。

〈なしだと思う〉

危険な場合もあると思うから 16歳女性

周りの人に紹介するときまだ偏見があると思う 24歳女性 

婚活詐欺などが多いイメージがあるから 20歳女性

相手がどんな人かわからないから 15歳男性

SNSやインターネット経由での出会いにおいてさまざまな犯罪が起きていることに対する不安や、世間一般的に理解がまだ進んでいないことへの懸念などがあるようです。

結婚離れは本当?結婚に対してのイメージ。

最後に、「結婚に対するイメージ」について聞きました。

〈女性〉

〈男性〉

10代女性で72.8%、20代女性で65.4%

10代男性の65.1%、20代男性の56.3%が結婚に対して「プラスなイメージを持っている」と回答。

 

10代に比べ20代の方が男女ともに結婚に対するイメージがマイナスに振れています。

結婚を意識する年齢になり、現実的なものとして結婚と向き合うことでポジティブなイメージよりもネガティブなイメージの方が大きくなっている可能性があります。冒頭でご紹介した「結婚したいと思わない」理由を見ても、若者が結婚に対して不安やマイナスイメージを抱いていることがわかります。

一方で結婚願望のある若年層は女性で7割、男性で6割います。これらのことから、彼らが抱える不安を解消していくことで結婚に対するイメージも改善すると考えられます。

後記

以上、若年層男女の結婚に関するアンケート調査についてご紹介しました。

若年層男女の6割以上に結婚願望があることや、理想のプロポーズで具体的な意見が多数挙がったことからも「若者の結婚離れ」が深刻であるとは一概に言えないのではないか、という印象を受けました。

しかし一方で若年層男性の4割、若年層女性の3割が「結婚したいと思わない」と回答し、金銭面や将来の不安を理由として挙げている点も無視できません。

「結婚したい!」と若者が安心して言えるように社会の仕組みや制度を築くことも今後重要ではないでしょうか。

 

 

このように弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。

10代20代に対するアンケート調査やプロモーションに興味をお持ちのマーケティング担当の方や、こんな調査をしてみて欲しい!という方は是非お問い合わせ下さい!

調査依頼募集中!

関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。