【U25】若年層男女1,742名対象、メインバンクに関する調査

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて、15歳〜25歳の若年層男女1,742名を対象にメインバンクに関する調査を実施しました。

保有している銀行口座数やメインバンクの利用理由など銀行に関する調査の結果をご覧ください!

■若年層男女の銀行口座保有率

若年層男女1,742名を対象に、銀行に関する調査を実施しました。

まず、自分名義の銀行口座の有無について聞きました。

その結果、「自分名義の口座を持っている(以下、口座保有者)」と回答した人は10代男性で54.2%、10代女性で64.3%、20代男性で82.2%、20代女性で89.5%となりました。

さらに、口座保有者を対象に「銀行口座開設時にどのような条件でその銀行を選びましたか?」と聞いたところ、

有名な銀行だから安心できる 16歳男性
家族が使用している 21歳女性
親が口座を持ってるところだから 16歳女性
金利が高い 24歳男性

最初の口座を開設するきっかけとして、家族がその銀行を利用しているという回答が多く挙がりました。

■口座保有者の半数以上が「家族」に最初の口座を開設してもらっている

口座保有者を対象に、1番最初に口座を開設した際の理由を聞きました。

口座開設理由の第1位は10代、20代男女ともに「家族が作ってくれた」という回答が半数以上を占めました。

20代男女ではおよそ3割が「仕事・バイトをはじめた」ことをきっかけに口座を開設したことがわかりました。

「その他」と回答した人からは

フリマアプリの売上金を口座に振り込むため 16歳男性
ネットショッピングをするため 15歳女性
大学進学のため 20歳女性

と、EC利用や進学などをきっかけに口座を開設したという回答が挙がりました。

■最初に開設した銀行口座と現在のメインバンクは約半数が同じであることが判明

続いて、10代、20代の銀行口座保有者を対象に口座保有数を調査しました。

10代男女は「1つ」という回答が最も多く約6割だった一方、20代男女では複数の口座を使い分けている様子が見られました。

そこで、最初に開設した口座と現在利用しているメインバンクが同じかどうかを聞きました。

最初に作った口座と同じと回答したのは10代男性で59.3%、10代女性で55.8%、20代男性で49.7%、20代女性で48.5%となりました。20代男女は10代男女に比べて、最初に開設した口座と現在のメインバンクが異なる人が多いようです。

■複数口座保有者は「手数料」を比較している

続いて、「ひとつしか口座を持っていない(以下、単一口座保有者)」と回答した人と「メインバンク以外にも口座を持っている(以下、複数口座保有者)」それぞれを対象に、現在利用している銀行口座をメインバンクとして利用している理由を聞きました。

単一口座保有者では、「利便性」が最も支持されていることが伺えます。また、10代男女では「家族の推奨」が約2割を占めています。20代になると「職場の推奨」という理由も10代に比べて1割ほど割合が増えていることが伺えます。

「その他」と回答した人からは

最初に作って、そのままずっとメインで使っているから 23歳男性
変えるの面倒くさいから 28歳女性

という声が挙がりました。

続いて、複数口座保有者にも現在メインバンクとして利用している口座の利用理由を聞きました。

複数口座保有者も単一口座保有者と同様に「利便性」が最も支持されているようです。次いで多く挙がったのは「職場の推奨」となりました。さらに、単一口座保有者に比べて「手数料」と回答した割合がどの年代でも高いことが伺えます。

また、10代、20代の男性では約6%が「金利」と回答しました。一方、女性は10代で0.0%、20代で2.5%となりました。メインバンクに使う条件として男性に比べて女性は「金利」を求めていないことが伺えます。

「その他」と回答した人からは

各地に多く、料金の支払いに対応している会社が多いから 21歳女性
最初の口座は手をつけないでとっておくためのものだから 21歳男性
お金が動かしやすくスマホと連動しているから 22歳男性

他サービスとの連携や、貯蓄と支出の管理をするために複数の口座を保有していることが伺えました。

まとめ

以上、15〜25歳男女対象のメインバンクに関する調査結果をご紹介しました。

メインバンクの開設契機は「家族」の影響が強いことが伺えました。また、最初に開設した口座と現在のメインバンクが違うと回答した人からは、職場に推奨されている口座を開設している傾向も見られました。

メインバンクの変更は半数以上がしていないことが判明し、最初に開設する口座として若年層に利用されるにはまず親世代に利用してもらうことが重要だと言えそうです。

*本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット

「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

 

————

調査期間 :2018年7月19日(木)
調査対象 :15〜25歳 / 男女 / 自社モニター会員 / Android、iPhoneユーザー
割付方法 :1,742サンプル 15歳〜19歳男性554サンプル、女性471サンプル
               20歳〜25歳男性365サンプル、女性352サンプル

————

このように、弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。

10代、20代に対するアンケート調査やこんな調査をしてみて欲しい!
という方はこちらへお問い合わせ下さい。