【学生4,401名対象】コロナウイルスの影響に関する調査1

コロナウィルスの学生への影響調査記事アイキャッチ

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、学生の男女4,401名(中学生760名、高校生1,921名、大学生1,720名)を対象にコロナウイルスに関する調査を実施しました。

中学生、高校生、大学生といった学生の皆様が現状をどのように捉えているのか、また悩みの種はなにか、という点に焦点を当て調査しました。

※こちらの調査データは無料でダウンロードできるようになっております。ご活用いただければ幸いです。

中学生、高校生、大学生が現状をどう感じているか

学生では年齢が上がるほどに、不安は増加傾向に

2020年コロナウィルス学生現状について感じること

まず、学生の男女4,401名を対象に、「現状について、どのように感じているか」を調査しました。

上位3つでは、「退屈に感じる」「不安に感じる」「不自由に感じる」という結果となりました。

「退屈に感じる」では中学生が最も高く、49.3%(男子:43.4%、女子:55.2%)となり、高校生が46.9%(男子:44.4%、女子:49.4%)、大学生が36.7%(男子:34.1%、女子:39.3%)という順になりました。「不自由に感じる」でも同様の順となりました。

一方、「不安に感じる」と回答した人は、中学生では35.4%(男子:29.8%、女性:40.9%)、高校生では40.6%(男子:38.7%、女性:42.4%)、大学生では47.0%(男子:46.0%、女性:48.0%)と、年齢が上がるほど、不安に思う人の割合が多くなることがわかりました。

現状の学生の不安・悩みは「衛生用品」

2020年コロナウィルス学生現状の悩み・不安画像

同様に、「現在、不安や悩みがあること」を聞いたところ、中学生、高校生では「衛生用品」と回答した人が最も多く、中学生では34.1%、高校生では28.8%となりました。大学生では「就職」と回答した人が最も多く、大学生で42.6%となりました。

また、「娯楽」「食事・飲料」という回答した人は、どの年代でも約2割程度という結果となりました。

学生の不安・悩み詳細

さらに、「衛生用品」「娯楽」「食事・飲料」「仕事・就活」について悩み・不安があると回答した人に対して、それぞれ具体的な内容を自由記述にて聞きました。

衛生用品について

衛生用品についての悩み・不安の中でよく見られた回答をグルーピングしました。

1位:マスク
2位:品薄・不足
3位:買いだめ・買い占め

「マスク」について言及している回答が最も多く上がり、次いで「品薄・不足」「買いだめ・買い占め」となりました。実際に集まった回答をいくつかピックアップしました。

■マスクが全然ないので、感染防止があまり出来ないので困っています。(中学生 男性)

■マスクが朝早くから並ばないと買えないのは嫌 いつ無くなるかハラハラしている(中学生 女性)

■学校が始まったらマスクがなくなるんじゃないか不安 (高校生 女性)

■コロナの流行がいつまで続くか分からないためマスクが不足することへの不安。(大学生 女性)

いつマスクが買えるようになるのか、という先の見えない状況への不安が多く見られました。また、

■花粉症でマスクが必要なため、いざ買い足しが必要になったとき、買うことができるか不安 (高校生 女性)

■マスクどこにも売ってない 免疫が低いから普段から使ってるのに(大学生 女性)

花粉症などコロナウイルス予防以外の面でマスクを必要としている人にも、影響している様子が伺えます。さらに、

■(偽の情報を)Twitterで拡散させて人々を混乱させたのか。
本当に必要な人達の手元へ届かず、転売目的で買い占めする人達の所にはちゃんと届くのか よく分かりません (中学生 女性)

■マスク不足の解消が少しずつ改善されているのにも関わらず、一部のひとたちの買い占めによって平等に商品が行き渡らないこと。
2週間後には学校が始まるので大変困る。(高校生 女性)

現状において、悪質な情報を流して混乱させる人や、転売をする人に対して憤りを感じている人も多く見られました。

娯楽について

同様に、娯楽についての悩み・不安の中でよく見られた回答をグルーピングしました。

1位:自粛
2位:イベント
3位:中止・延期

「自粛」について言及している回答が最も多く上がりました。こちらも実際に集まった回答をいくつかピックアップしました。

■高校入試がやっと終わり、受験勉強から解放されたにも関わらず、
今まで我慢してきた遊びをする事が出来ず本当に残念に思っている。
せっかく友達と青春が出来ると思っていた春休みが台無しになった。(中学生 女性)

■自粛自粛で全然遊びにいけない。 感染拡大を広げないために大切なことだが、
3月に遊ぶ予定が沢山あったので1ヶ月分の予定がすっぽり無くなってしまって残念。 (中学生 女性)

■外にでられないし友達とも遊ぶことを自粛して家でひたすら同じような毎日を送っていて、ずっとただ意味もなくスマホをいじっている。
自分の健康状態も気になるが、他に今学生がやりやすい娯楽ツールもなく、やりようにもできない。
無駄な時間を過ごしているようで自分ながら心が痛い。(中学生 女性)

■今まで予定していた家族、友達との出かける用事が全部なくなった(高校生 女性)

■レジャー施設がほとんどお休み。旅行に行きたくても、コロナが心配(大学生 男性)

予定がなくなってしまったことについて残念だ、という回答が多く見られました。春休みシーズンとかぶってしまったこともあるのか、学生にとっては大きな不安・悩みとなっているようです。

また、本調査のデータは無料でダウンロードできるようになっているので、ぜひご覧になってみてください。

食事・飲料について

食事・飲料についての悩み・不安の中でよく見られた回答をグルーピングしました。

1位:食料不足
2位:買いだめ・買い占め
3位:店(スーパー、コンビニ)

「食料不足」について言及している回答が最も多く、こちらのジャンルでも「買いだめ・買い占め」が上がりました。こちらも実際に集まった回答をいくつかピックアップしました。

■多くの人が買いだめしてるため本当に必要な人に食料が届かないかもしれない(中学生 女性)

■買い占めのせいで本当に必要なものが手に入らなくなったら困る(高校生 女性)

■いつかスーパーから食品がなくなるのではないか、という不安(大学生 女性)

食品・飲料に関しても衛生用品と同様に、今後食料がなくなるのではないかという不安が多く見られました。また、

■外食をしたいけど不安(高校生 女性)

■買いたいものが買えない、飲みたいものが売っていない(高校生 女性)

■思うように食事が取れなくなるのが怖い(高校生 男性)

「好きなものを楽しく食事することができない、できなくなるのではないか」という回答もしばしばあがりました。

仕事・就職について

最後に仕事・就職についての悩み・不安の中でよく見られた回答をグルーピングしました。

1位:就活
2位:仕事・バイト
3位:コロナ(ウィルス)

実際に集まった回答をいくつかピックアップしました。

■コロナで就職が難しくならないか (高校生 女性)

■コロナのせいで、就職状況が変わってきて辛い 自分はだめすぎて就職できないかも(高校生 女性)

■僕はこれから、高三になります。 2021年に就職する予定なのですが、コロナの影響などで求人倍率がめっちゃ減ってるし、
オリンピック?の影響で景気が悪くなりつつあるので、めっちゃ不安。(高校生 男性)

コロナウイルスの影響やオリンピックの影響で就職難になるのではないか、という懸念の声が多く見られました。

■コロナウイルスで外出が規制されているのに、バイトが休みにならない。(高校生 女性)

■バイト先の営業時間の短縮でシフトにはいれない(大学生 女性)

また、アルバイト環境について言及する声も見られました。

あとがき

以上、コロナウイルスの影響に関する調査結果をご紹介しました。次回は「学生が今何をしているのか」についての調査記事となります。

下部の集計データダウンロードより、それぞれの自由回答など、より詳細な調査結果をご覧いただけます。

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

■調査期間:2020年3月27日(金) 〜 3月30日(月)

■調査項目
現状についての心境/現状の悩み・不安/悩み・不安の具体的な内容

調査データ ダウンロード

→本調査のデータを無料でダウンロードする

(また調査データがダウンロードできない場合は、大変お手数ですがこちらよりお問い合わせください。)

高山 直人
株式会社テスティーで働いています。
冷たいものが好きです。よろしくお願い致します。