お風呂に関する調査レポート【20〜30代対象】

お風呂 調査

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、20〜30代の男女1,448(20代男性342名、20代女性384名、30代男性329名、30代女性393名)を対象にお風呂に関する調査を実施しました。

湯船につかる頻度やつかる時間、入浴剤の利用率や使用するバスグッズなど調査結果を御覧ください。

また、この調査データを無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

20〜30代のお風呂事情

湯船につかる頻度&時間

湯船につかる頻度と時間

20〜30代男女1,448名を対象に、湯船につかる頻度を聞いたところ、「毎日」と回答した人が半数以上となりました。

また、湯船につかると回答した人を対象に、つかる時間を尋ねると、「5〜10分未満」と回答した人が38.3%で最も多くなりました。

湯船につかる目的&つからない理由

【湯船につかる目的】

1位:疲労回復  75.8%
2位:リラックス 64.8%
3位:健康維持  34.4% 

続いて、湯船につかると回答した人を対象にその目的を聞いたところ、「疲労回復」と回答した人が75.8%で最も多い結果となりました。

さらに、「その他」と回答した人を対象に、具体的な目的を尋ねると、

通年普段はシャワーだが、週に一度の休みの日だけ子供とお風呂に入る。 なので、子供とのコミュニケーションの一環というかそんな感じです。(39歳男性)

3歳児と1歳児が入りたがるため、また1歳児はアトピー性皮膚炎のため毎日清潔を保つため(30歳女性)

と、自分自身はシャワー派だが、子どもを湯船につからせることを目的にしているという回答が目立ちました。

【湯船につからない理由】

1位:お湯をためることが面倒だから 39.1%
2位:光熱費を節約したいから    32.0%
3位:浴槽を洗うことが面倒だから  25.0%

また、「湯船にはつからない」と回答した人を対象にその理由を聞いたところ、第1位は「お湯をためることが面倒だから」で39.1%となりました。

第3位の「浴槽を洗うことが面倒だから」という回答からもわかるように、湯船につかるまでの手間が大きなネックとなっているようです。

バスグッズ利用率と嗜好調査

入浴剤使用率&期待する効能

入浴剤の使用状況

湯船につかると回答した人を対象に、入浴剤やアロマオイルを使用するかどうかを尋ねました。

その結果、「毎回使用する」「たまに使用する」と回答した人は67.3%と、約7割の人が入浴剤を使用していることが明らかになりました。

また、入浴剤やアロマオイルを使用すると回答した人を対象に、最も期待する効能を聞いたところ、「疲労回復効果」が最も多い結果となりました。

湯船につかっている間、何をするか

【湯船につかっている間の過ごし方】

1位:何もしない     49.8%
2位:携帯電話を使用する 22.4%
3位:音楽を聴く     18.3%

続いて、湯船につかっている間の過ごし方について調査を行いました。

その結果、「何もしない」と回答した人が最も多く、約半数の人が湯船につかっている間何もせずにのんびり過ごしていることがわかりました。

また、「その他」と回答した人を対象に、具体的な過ごし方を尋ねると、

家族と入ることが多いので、1日の出来事を話す時間にしています。(29歳女性)

子どもと一緒に浸かっているので、話をしたりゲームをしたりします。(36歳女性)

と、家族とのコミュニケーションの場として活用しているという意見が多く見られました。

こだわりのバスグッズ

【こだわりのバスグッズ】

〈男性〉
1位:こだわりがない        49.9%
2位:シャンプー・コンディショナー 36.1%
3位:ボディーソープ・石鹸     26.2%

〈女性〉
1位:シャンプー・コンディショナー 46.8%
2位:こだわりがない        35.0%
3位:ボディーソープ・石鹸     27.9%

こだわりのバスグッズがあるかどうかを聞いたところ、男性では「こだわりがない」と回答した人が最も多く約半数となり、女性では「シャンプー・コンディショナー」と回答した人が最も多く半数近い結果となりました。

また、入浴のために購入したアイテムを具体的に尋ねると、

防水スピーカー 防水スマホケース(32歳男性)

お風呂用おもちゃ、シャボン玉や金魚すくい等(34歳女性)

浴槽に貼って使える枕(首おき)(29歳女性)

と、お風呂で快適に過ごすためのバスグッズや、子どもと遊ぶためのおもちゃなどが挙がりました。

バスグッズをプレゼントした経験

【バスグッズをプレゼントした経験】

「女性に贈ったことがある」
〈男性〉24.7% 〈女性〉64.0%

「男性に贈ったことがある」
〈男性〉8.0% 〈女性〉6.8%

「贈ったことがない」
〈男性〉70.1% 〈女性〉33.0%

最後に、バスグッズをプレゼントした経験があるかどうか調査しました。

その結果、「女性に贈ったことがある」と回答した人は男性で24.7%、女性で64.0%、「男性に贈ったことがある」と回答した人は男性で8.0%、女性で6.8%となりました。

また、「贈ったことがない」と回答した人は男性で70.1%、女性で33.0%となりました。

バスグッズは女性から女性へのプレゼントとして贈られることが多いようです。

お風呂 調査 あとがき

以上、お風呂に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、各項目の男女別集計結果や記事中データ以外の「バスグッズの購入場所」「バスグッズを使用するようになったきっかけ」など詳しい回答結果ご覧いただけます。

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

■調査期間:2019年2月6日(水)

■調査項目
<基本情報> 湯船に浸かる頻度/つかる目的/つかわない目的
<経験者情報> 入浴剤の使用率/入浴剤に期待する効能/こだわりのバスグッズ/バスグッズ購入場所

調査データ ダウンロード

 

綿貫 葵
株式会社テスティーで働いています。
三度の飯より飯が好きです。