マンガに関する調査【高校生・大学生対象】

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、マンガを1ヶ月以内に読んだ高校生・大学生の男女1,185名(男子高校生206名、女子高校生366名、男子大学生284名、女子大学生329名)を対象に「マンガ」に関する調査を実施しました。

マンガを読む媒体や閲覧方法、好きなマンガに関して取った行動などの調査データをご覧ください!

また、この調査データを無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

マンガに関する基本情報【高校生・大学生対象】

マンガ本(電子マンガを含む)にかける金額

【マンガ本(電子マンガを含む)にかける金額】

<高校生>

 お金はかけない        37.4%
 500円未満           20.8%
 500円以上〜1,000円未満      22.9%
 1,000円以上〜3,000円未満   13.6%
 3,000円以上             5.3%

<大学生>

 お金はかけない          34.3%
 500円未満             24.0%
 500円以上〜1,000円未満     20.9%
 1,000円以上〜3,000円未満     14.5%
 3,000円以上            6.3%

まず、マンガを1ヶ月以内に読んだ高校生・大学生の男女1,185名を対象に、マンガ本(電子マンガを含む)にかける金額を尋ねたところ、高校生・大学生ともに「500円未満」「500円以上〜1000円未満」と回答した人の合計が4割以上という結果になりました。また、「お金はかけない」と回答した人は高校生・大学生ともに3割以上となりました。

マンガを読む媒体

次に、マンガを1ヶ月以内に読んだ高校生・大学生を対象に「マンガを読む媒体」を調査したところ、高校生・大学生ともに「紙媒体」と回答した人の割合は男性の方が多く、「電子媒体」と回答した人の割合は女性の方が多いことが判明しました。

マンガの閲覧方法

【紙媒体のマンガ閲覧方法】

<高校生>

 1位 新品を購入して読む 77.9%
 2位 古本を購入して読む 42.5%
 3位 他人に借りて読む  23.7%
 4位 お店で立ち読みする 19.9%

<大学生>

 1位 新品を購入して読む 73.1%
 2位 古本を購入して読む 42.5%
 3位 お店で立ち読みする 26.7%
 4位 他人に借りて読む  22.1%

続いて、「紙媒体でマンガを読む」と回答した人を対象に「紙媒体のマンガ閲覧方法」について調査したところ、高校生・大学生ともに「新品を購入して読む」と回答した人が7割以上で第1位となりました。

【電子媒体のマンガ閲覧方法】

<高校生>

 1位 無料版で読む       95.2%
 2位 有料版で読む       16.3%
 3位 他人から媒体を借りて読む   6.6%

<大学生>

 1位 無料版で読む       94.6%
 2位 有料版で読む       25.2%
 3位 他人から媒体を借りて読む   5.4%

さらに「電子媒体でマンガを読む」と回答した人を対象に「電子媒体のマンガ閲覧方法」を調査したところ、高校生・大学生ともに「無料版で読む」と回答した人の割合が9割以上で第1位という結果になりました。

「有料版で読む」と回答した人の割合は、高校生よりも大学生の方が約9ポイント高いことがわかりました。

この記事のより詳細な調査データも無料でダウンロードできるようになっておりますので、こちらも併せてご覧ください!

マンガに関する消費行動の調査【高校生・大学生対象】

好きなマンガの認知経路

【好きなマンガの認知経路】

<高校生>

 1位 SNSで知った   52.4%
 2位 他人に教わった  46.6%
 3位 テレビで知った  25.0%
 4位 店頭で知った   23.8%
 5位 広告で知った   22.2%

<大学生>

 1位 SNSで知った   45.3%
 2位 他人に教わった  42.5%
 3位 店頭で知った   26.2%
 4位 テレビで知った  25.7%
 5位 広告で知った   18.9%

本調査で「好きなマンガがある」と回答した高校生・大学生の男女1,065名(男子高校生198名、女子高校生302名、男子大学生266名、女子大学生299名)を対象に、その好きなマンガをどこで知ったのかを調査しました。

その結果、高校生・大学生ともに「SNSで知った」と回答した人の割合が最も高いことがわかりました。

好きなマンガに関して取った行動

好きなマンガがある人を対象に「好きなマンガに関して取った行動」を尋ねたところ、高校生・大学生ともに男子は「グッズを買った」と回答した人の割合が一番高く、女子は「他人に勧めた」と回答した人の割合が一番高いことが判明しました。

コラボ商品購入・サービス利用の継続率

【コラボ商品購入の継続率】

<高校生>

 全体 55.9% 男子 59.4% 女子 52.8%

<大学生>

 全体 55.6% 男子 62.3% 女子 47.4%

「好きなマンガに関して取った行動」の設問において「コラボ商品を買った」と回答した人を対象に「そのコラボ商品を現在も購入しているか」調査したところ、高校生・大学生ともに女性よりも男性の方が「現在も購入している」と回答した人の割合が高いことがわかりました。

【コラボサービス利用の継続率】

<高校生>

 全体 68.1% 男子 66.7% 女子 72.2%

<大学生>

 全体 72.4% 男子 75.9% 女子 67.5%

最後に、「好きなマンガに関して取った行動」の設問において「コラボしているサービスを始めた」と回答した人を対象に「そのコラボサービスを現在も利用しているか」調査したところ、「現在も利用している」と回答した人の割合は、高校生は女子の方が大学生は男子の方が高いという結果になりました。

あとがき

以上「マンガ」に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、記事中データ以外にも「マンガの読む頻度」や「(コラボ商品を)継続して購入している理由」など様々な調査結果がご覧いただけるので、興味がある人は是非ダウンロードしてみてください!

また、もしネットリサーチに少しでも興味がある、ちょっと話を聞いてみたい!という方がいましたら、弊社テスティーまでお気軽にお問い合わせ下さい!

調査データ ダウンロード

 

調査データ 詳細

■調査期間:2019年12月10日(火)〜2019年12月13日(金)

■調査項目
<全体情報>1ヶ月以内にマンガを読んだか/マンガの読む頻度/マンガ本(電子マンガを含む)にかける平均金額/マンガを読む媒体/「紙媒体」のマンガ閲覧方法/「電子媒体」のマンガ閲覧方法/好きなマンガはあるか/好きなマンガの数/好きなマンガの認知経路/好きなマンガに関して取った行動/購入したことのあるコラボ商品/コラボ商品購入の継続率とその理由/利用を始めたコラボサービス/コラボサービス利用の継続率とその理由

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

ネットリサーチについて

本記事のように、テスティーは「若年層向け」のネットリサーチを強みとしています。一般的に回収が難しいとされる若年層パネルも、テスティーなら業界最多の回収数で調査することができます。具体的には中学生なら1,000件/日、高校生なら4,000件/日の回収が可能です。

テスティーでは、アクティブなユーザーが多く存在する自社アプリを用いてネットリサーチを行なっています。そのため、一般的な調査対象であれば「1時間で3,000件以上」の回収が可能です。ローデータ納品までであれば即日、レポーティングまでであれば一週間以内での納品も可能です。

ネットリサーチに少しでも興味がある、またはネットリサーチを検討しているという方は、お気軽にお問い合わせください。弊社の専門家が丁寧にヒアリングし、お客様にとって最適な方法を一緒に模索します。

柿澤繁幸
株式会社テスティーで働いています。また、Alfred(アルフレッド)というバンドで作詞作曲してます。