市場調査を依頼するメリットって?調査外注・委託の注意点を確認!

市場調査 入門

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」では、今までは調査記事を中心に記事を公開してきましたが、その中でリサーチについてのご質問を数多く寄せられてきました。そのため「市場調査入門」では、そんな質問にお答えすべく、リサーチ自体へのご説明をしています。

今回は、市場調査実施を検討されている方や市場調査にご興味がある方に向けて、市場調査を依頼するメリットやデメリット、外注する前に確認すべきことについて解説していこうと思います!

市場調査依頼のメリットとデメリットを把握する

市場調査依頼のメリットとは?

1つは、「工数の削減化」を図ることができるという点です。自社内で調査の担当者を設置して調査を行ったところで、専門的な知識がなければデータ収集から分析までを行うのは難しくなってしまいます。しかし、その調査を依頼することによって、そこに投じる時間や労力をカットすることができ、何よりも正確なデータ分析を行うことができるのです。

2つ目のメリットとしては、「第三者の意見」を得ることができる点が挙げられます。客観的な意見を聞くことで、発信者がなかなか気付きにくい自社商品・サービスの改善点を把握することができるのです。

3つ目は、「ニーズの把握」をすることができるという点です。調査を行うことによって、顧客がどのような要望を持っているかを事前に把握することができ、それを新商品の開発や販売に活用することでより効果的なマーケティングを行うことができるのです。

市場調査依頼のデメリットとは?

1つは、求めていた分析結果が得られない場合があるということです。依頼する調査会社によって、得意としている分野が異なります。そのため、事前に委託する調査会社のタイプを調べておく必要があります。

2つ目としては、もちろん費用がかかるということです。ただ、これは使える有益なデータを得るには必要なコストであり、やむを得ない部分でもあります。それよりも、中長期的な利益を考える方がより建設的です。その調査によって自社商品・サービスが改善され、それが利益に繋がることを考えると、調査にかかるコストは「将来への投資」と捉えるべきものだということがわかります。

市場調査依頼の目的を明確にする

これは、何をするにしても必要なことです。目的を明確にしないまま調査をしたところで、そのデータを活用することができず、時間と費用の無駄になってしまいます。

また、調査することで何を発見したいか、何に活用したいか、という目的をハッキリさせることで、どの調査会社に外注すべきかの判断材料を得ることができます。

さらに、目的を明確にしてそれを依頼する調査会社に伝えることで、調査会社側もスムーズにかつ正確な調査方法でデータ分析を行うことができるのです。

依頼したい分野に強い調査会社を選ぶ

先述した通り、調査会社によってその会社が得意とする調査分野が異なります。飲食業界や自動車業界、またはその調査対象の地域に詳しいなど、調査分野は多岐にわたります。

そのため、事前に依頼する調査会社のことを調べておく必要があり、そうすることで調査がスムーズに進むようになります。

限られた予算内で最大限の効果を発揮させるには、まず調査を依頼する前に調査会社を念入りに調べる必要があるのです。

市場調査 依頼・外注 あとがき

弊社テスティー調査実績が豊富であり、さらに専門分野としては一般的に調査が取りにくいと言われている「若年層」の調査に特化しております!10代,20代を対象とした調査にご興味のある方は、まずはお気軽に弊社までお問い合わせ下さい!

柿澤繁幸
株式会社テスティーで働いています。また、Alfred(アルフレッド)というバンドで作詞作曲してます。