【商品別市場調査第8弾】パナップに関する調査レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【商品別市場調査第8弾】

暑い季節に食べたくなるものといえば、冷たくておいしい「アイス」ですね!

今回は、数あるアイスの中から「panapp(以下、パナップ)」に関する市場調査を実施!

シーズンごとに変わるフルーツソースと、バニラアイスが絶妙なハーモニーを生み出す「パナップ」について、若年層男女2,628名(10代:885名、20代:1,743名)を対象に自主調査を行いました。

「パナップ」についての調査レポートをご覧ください!

TOPICS

■アイス:認知度調査

 >飲食頻度、購入場所、値段に対する意識、飲食時期

■パナップ:認知度調査

 >普及率、企業名認知度、テレビCM認知度 

■パナップ:競合商品調査

 >購入時の意識、競合商品

■パナップ:消費者意識調査

 >好感度、イメージ、スマイルパナップ、商品満足度

■パナップ:高級パナップシリーズ

 >新商品認知度、購買意識

アイス:認知度調査

<飲食頻度>

まず、「アイス」の飲食頻度について調査しました。(※設問では「アイス」と記述し、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス・氷菓を総称しています。)

10代の74.4%、20代の66.8%と、若年層男女の約7割が「週に1回以上」アイスを食べていることが判明しました。

そのうち、10代の16.7%、20代の11.2%は「毎日」と回答しました。

<購入場所>

次に、「アイスを購入する場所」について調査しました。

〈10代〉

〈20代〉

10代、20代ともに、他と圧倒的な差をつけ「スーパー」と「コンビニ」に回答が集中しました。第1位は「スーパー」となり10代で82.5%、20代で79.1%、第2位は「コンビニ」となり、10代で68.9%、20代で68.4%という結果でした。

〈値段に対する意識〉

続いて、アイスの値段に対する意識を調査しました。

購入場所の調査で上位にランクインした「スーパー」と「コンビニ」の2つに焦点を当て、「スーパー」や「コンビニ」で購入する「アイス1個あたりの購入単価」について聞きました。

100〜200円未満」と回答する人が最も多く、10代で62.6%、20代で64.4%となりました。

また、「「高い」と感じるアイス1個あたりの購入単価」も調査しました。

その結果、10代の46.6%、20代の45.4%が「200〜300円未満」、10代の34.4%、20代の32.9%が「300円以上」と回答。

実際に購入するアイスの値段は「100円台」、高いと感じるアイスの値段は「200円〜」ということがわかりました。

若年層男女の7割が「週に1回以上」アイスを食べている実態を先ほど紹介しましたが、頻繁に購入するものだからこそ、値段が100円違うだけで「高い」と感じるのかもしれません。

 

〈飲食時期〉

続いて「アイスを食べる時期」について調査しました。

季節を問わず食べる」派の方が多く10代で61.6%、20代で57.5%

主に暑い時期に食べる」と答えた人は10代で38.4%、20代で42.5%となりました。

「冬アイス」という言葉もよく聞くようになりましたが、アイスは季節を問わず若年層男女に食べられているようです。

パナップ:認知度調査

<普及率>

ここからは「パナップ」に焦点を当てて調査していきます。

まず、アイス飲食経験者を対象に「パナップ(画像はマルチパックタイプとリニューアル後のタイプの2種類)」の商品名を隠した画像を見てもらい「パナップの認知度」について調査しました(調査時の設問文は「画像の商品を知っていますか?」としています)。

10代の80.6%、20代の77.3%が「知っている」と回答(以下、パナップ認知者と表記)。

若年層の約8割の人は「パナップ」を知っていることが判明しました。

また、パナップを知っていて購入したことがある人は10代で59.4%、20代で55.9%となりました。

<企業名認知度>

「パナップ」認知者を対象に、「パナップ」の販売元企業の認知率を調査しました。

(調査方法:企業名調査設問にてSAで「知っている」を選択した人に、自由入力にて販売元企業名を質問。)

「グリコ」と答えた人は10代で8.7%、20代で12.7%となりました。

<テレビCM認知度>

続いて、「パナップ」のテレビCMを見たことがあるかについて聞きました。

10代の66.6%、20代の71.8%とおよそ7割の若年層が「見たことがある」と回答しました。

競合商品調査

<購入時の意識>

「パナップ」購入経験者を対象に、購入時の意識について調査しました。

「パナップ」購入時に他の商品と迷わず「パナップ」を購入する人は、10代で16.9%、20代で18.5%となりました。

<競合商品>

では、「他の商品と比較する」と回答した人はどのような商品と比べるのでしょうか。

「他の商品と比較する」と回答した人を対象に、比較する商品を自由回答にて調査しました。

MOWやスーパーカップなど、定番アイス 21歳女性

スーパーカップ、爽などのカップアイス 25歳女性

チョコモナカジャンボ 15歳女性

同じ果肉入りの商品。内容量や価格をくらべて選ぶ。 26歳女性

「バニラ味」の他商品と比較する人が多く、その中で値段を比較して購入するという回答が多く挙がりました。この結果から、「バニラ味のアイス」を食べたい時に「パナップ」も選択肢の一つとして検討されていることが伺えます。

その他にも以下のような回答が挙がりました。

アイスの実、シャーベット 29歳男性

アイスバーの果物系のやつ 17歳女性 

フルーツ系」のアイスを食べたい時にも「パナップ」は購入検討商品の一つとされているようです。

消費者意識調査

<好感度> 

「パナップ」飲食経験者を対象に、「パナップ」への好感度を調査しました。

10代の55.7%、20代の52.9%が「好き」と回答し、「パナップ」を食べたことがある2人に1人の若年層は「パナップ」に対して好感を持っていることが判明しました。

<好きな理由>

「パナップ」を好きと回答した人を対象に、「どのようなところが好きか」について自由回答にて調査しました。

美味しいしフルーツソースがハートで見た目も可愛い 28歳女性

パリパリになってるミルフィーユが好き 20歳男性

味のバリエーションが豊富で飽きない 15歳女性

縦型ソースのパナップ」、「ホワイトチョコレートの層とフルーツソースが重なった新しいタイプのパナップ」それぞれに対し、「美味しい!」という声が多数挙がりました。

<イメージ>

「パナップ」認知者を対象に「パナップ」のイメージについて調査しました。

(※多く挙がった回答は、紫文字になっています。)

「美味しい」というイメージが最も多く挙げられ、次いで「フルーツソース」「パリパリのチョコレート」といった新旧両方のパナップのイメージが多く挙げられました。また、「ハートのソースがかわいい」「スマイルソースが出ると嬉しい」といったパナップ独自の見た目の印象も強く残っているようです。他にも、「カラフル」「種類が多い」などの回答も寄せられました。

 <スマイルパナップ>

イメージ調査の際、「スマイルパナップが出て嬉しかった」という声が多く挙がったので

「購入したパナップにスマイルパナップが出たことはありますか?」と聞きました。

10代の51.1%、20代の50.7%が「ある」と回答。

さらに、「スマイルパナップが出たことがある」と回答した人のうち、10代の21.9%、20代の26.5%と2割以上の人は「スマイルパナップの写真を撮った」ということも判明しました。

<商品満足度>

最後に「パナップ」飲食経験者を対象に、「味」「デザイン」「価格」「種類の多さ」「内容量」について満足度5段階評価で調査しました。

(「かなり満足している」:5pt、「満足している」:4pt、「普通」:3pt、「満足していない」:2pt、「全く満足していない」:1ptで集計し、10代、20代2,472名の平均値となります。)

イメージ調査や好きな理由でも多く挙がった「」のポイントが最も高く4.06ptとなり

次いで「デザイン」が4.00ptとなりました。

パナップ:高級パナップシリーズ

<新商品認知度>

7月1日より全国5ヶ所の百貨店内に設置された特設店舗で販売している「プレミアムパナップシリーズ」について事前調査を行いました(本アンケートの調査期間は2017年6月29日(木)〜6月30日(金))。

アンケート回答者全員を対象に、「パナップ(プレミアムタイプ・レギュラータイプの2種類)」の画像を見てもらい「今度発売される高級パナップ「プレミアムパナップシリーズ」のニュースを知っていますか?」と聞きました。

「知っている」と回答した人は10代で28.4%、20代で22.9%となりました。

〈購買意識〉

さらに、画像と値段を表示した後に「(表示画像の)プレミアムパナップを食べてみたいと思いますか?」と聞きました。

「買ってもらったら食べてみたい」との回答が最も多く、10代で56.7%、20代で61.2%となり、

「自分で購入して食べたい」と回答した人は10代の19.1%、20代の29.6%となりました。

「食べてみたい」もしくは「買ってもらったら食べてみたい」と回答した人に、その理由を自由回答で聞きました。

 〈自分で購入して食べてみたい〉

少し高いけど、一度くらいは試して見たいから 16歳女性

プレミアムとか言われると試してみたくなるから 18歳女性

自分で買った方がご褒美感がでるから 23歳女性

珍しいから話題作りに 23歳女性

どんな味か試しに食べてみたい」という声が多く挙がりました。中には「買ってSNSに載せたい」という声もあり、話題性が購入契機となる様子も伺えました。

 〈買ってもらったら食べてみたい〉

自分ではなかなか買えない金額の商品なので、是非プレゼントしてもらいたい。 20歳女性

値段が少し高いが、とても美味しそうなので興味がある 16歳女性

普通のパナップとどう違うのかは 気になるけれど、値段的に自分で購入するのは迷う 19歳女性

お中元とかでもらったら高級感があって嬉しいと思うから 19歳女性

地方で百貨店がない 27歳女性

「興味はあるけど、少し高いから迷う」という声が多く挙がりました。他には「百貨店に行く機会がない」など販売店が少ないことを残念がる声も挙がりました。

販売地域や期間は限られているものの、お土産やプレゼントにしたら喜ばれそうですね。

後記

以上、「パナップ」についての市場調査についてご紹介しました。

今回は商品調査に加えて、販売前の「プレミアムパナップシリーズ」について事前調査を行いました。

最近では「大人の」「高級な」「贅沢な」などのキャッチフレーズのついた、「少し値段が高い」お菓子やアイスクリームが多く販売されるようになりました。

今回の事前調査でも「”大人の”とついてると期待する」「どんな風に”プレミアム”なのか気になる」という声が挙がり、これらのキャッチフレーズが購買意欲をかき立てていることが伺えました。

高級志向のお菓子やアイスなどは自分へのご褒美やプチ贅沢としても、また家族や友人へちょっとしたプレゼントとして重宝しますね。

 

弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことができます。今回の調査の用に一つの商品に絞った調査から、業界ジャンル全般の調査まで幅広く対応可能です。

新商品開発既存商品マーケティングに役立つリサーチをご検討されている方は、是非お問い合わせ下さい!

お問い合わせはこちら!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。