プチプラコスメに関する調査

プチプラコスメに関する調査の画像

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、15〜24歳までの女子971(高校生411名、専門・短大・大学生560名)を対象に「プチプラコスメ」に関する調査を実施しました。

プチプラコスメの利用率やデパコスとの利用比率、若年層がプチプラコスメで重視していることなどの調査データをご覧ください!

また、この調査データは無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

 

プチプラコスメに関する基本情報

プチプラコスメ利用率と利用比率

15〜24歳の女子971名を対象にプチプラコスメの利用経験を聞いたところ、「プチプラコスメを利用したことがある」と回答した人は高校生で98.4%、大学生で91.8%という結果になりました。

また、プチプラコスメとデパートコスメ(以下、デパコス)の利用比率を聞いたところ、「ほぼプチプラコスメを利用している」と回答した人は高校生で61.3%、大学生で51.3%という結果になりました。
この結果から、若年層はデパコスよりもプチプラコスメを中心に利用していることが伺えます。

プチプラコスメの情報収集方法と購入場所

【情報収集方法】

第1位:SNS       74.2%
第2位:YouTube    47.2%
第3位:友人・家族    39.2%

 

次に、「プチプラコスメを利用したことがある」と回答した人を対象に、プチプラコスメの情報入手方法を聞いたところ、第1位は「SNS」、第2位は「YouTube」となりました。

さらに、「YouTube」と回答した人を対象に「コスメ情報を収集する際に見るYouTuber(またはチャンネル名)」を尋ねました。

・ななこ(nanako ななこ)
・ふくれな(ふくれなチャンネル)
・吉田朱里(YoshidaAkari)
・河西美希(Kawanishi Mikiかわにしみき)
・まあたそ

広い年代で人気の高い「ななこ(nanako ななこ)」や、10代からの支持が高い「ふくれな(ふくれなチャンネル)」、「まあたそ」などの回答が多く見られました。

【プチプラコスメの購入場所】

第1位:ドラッグストア     82.3%
第2位:バラエティショップ   44.7%
第3位:専門店         33.8%
第4位:100円ショップ      22.8%
第5位:ディスカウントショップ 18.7%

続いて、プチプラコスメの購入場所を尋ねると、「ドラッグストア」と回答した人が最も多く82.3%となりました。

この結果から、SNSやYouTubeでプチプラコスメの情報を入手し、店舗に足を運んで実際に商品を見て購入している人が多いという事が分かりました。

お気に入りのプチプラコスメと重視ポイント

お気に入りのプチプラコスメ

続いて、「お気に入りのプチプラコスメはなにか」を聞いたところ、高校生・大学生共に第1位は「CANMAKE(キャンメイク)」、第2位は「CEZANNE(セザンヌ)」となりました。
ランキングでは年代による大きな違いが見られなかったものの、お気に入りのブランド数に着目すると高校生は「4.3個」、大学生は「3.9個」という結果になりました。

【そのコスメを気に入ってる理由】

第1位:価格が安く手に取りやすいから  56.1%
第2位:パッケージや色合いが可愛いから 40.1%
第3位:自分の肌質・肌色に合うから   33.6%

また、「そのコスメがお気に入りの理由」を聞いたところ、高校生と大学生共に価格と見た目での支持が多いことから、価格が安くパッケージや色合いが可愛いプチプラコスメの人気が高いと言えそうです。

 

また、この記事のより詳細な調査データが無料でダウンロードできるようになっておりますので、是非そちらも併せてご覧になってください!

 

プチプラコスメで重視するポイント

プチプラコスメで重視するポイントを尋ねたところ、「価格」という回答が全体では約6割と最も多く、高校生も大学生も重要視している点は同じようです。

プチプラコスメで購入することが多いコスメジャンル

<高校生>

第1位:リップ    46.0%
第2位:アイシャドウ 23.8%
第3位:下地       7.3%

<大学生>

第1位:アイシャドウ 28.1%
第2位:リップ    23.5%
第3位:アイブロウ  10.3%

続いて、「プチプラコスメで購入することが多いコスメジャンル」を聞いたところ、高校生では第1位が「リップ」、第2位は「アイシャドウ
大学生では第1位は「アイシャドウ」、第2位は「リップ」という結果になりリップやアイシャドウなどの「色もの」をプチプラで購入することが多いと言えそうです。

色ものはカラーバリエーションも多く、様々な種類を利用したいと考えてプチプラを購入する人が多いのかもしれません。

デパコスの代用品としてプチプラコスメの購入経験

【代用品の検索・購入経験】

<高校生>

経験がある 52.6%

<大学生>

経験がある 47.4%

 

最後に「デパコスの代用品として似たような効果のあるプチプラコスメを探したり実際に購入したことがあるか」を聞いたところ、「経験がある」と回答した人は年代を問わず約半数となりました。

また、「代用品を探したり実際に購入したことがある」と回答した人にどんなものを購入したのかを聞いてみたところ

・シャネルのチークと似た色味を探してセザンヌのローズブラウンのチークを購入した。(17歳 女子)
・Paul&JOEのファンデに似たプチプラ商品 (17歳 女子)
・セザンヌのパールグロウチークがNARSのチークと色味が似てると話題だったので購入した(21歳 女子)

という回答があがりました。

金銭的な制限があるの大きい学生にとって、デパコスに色味や効果が似ているというのはプチプラコスメを購入するきっかけとなっているようです。

あとがき

以上「プチプラコスメ」に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、
若年層が最も気に入っているプチプラコスメ
プチプラコスメに使用する1ヶ月の平均額
など記事中データ以外の調査結果もご覧いただけます。

ネットリサーチに興味がある、どんな調査が可能か話を聞いてみたいという方は
テスティーリサーチへお気軽にお問い合わせ下さい!

調査データ ダウンロード

 

調査データ 詳細

■調査期間:2020年2月28日(金)〜2020年2月29日(土)

■調査項目
<全体情報>メイク頻度/美容意識/プチプラコスメの利用経験/普段利用しているのはプチプラコスメかデパコスか/プチプラコスメの情報収入源/情報収集に観ているYouTuber/プチプラコスメの購入手段/プチプラコスメに使用する1ヶ月の平均額/「プチプラコスメ」と聞いて思い浮かぶ企業は?/お気に入りのプチプラコスメ/最もお気に入りのプチプラコスメ/お気に入りのプチプラコスメを選んだ理由/プチプラコスメで重視するポイント/決まったコスメを利用するかそれとも色々な種類のコスメを利用しているか/プチプラコスメで購入する機会が多いコスメジャンル/デパコスの代用品としてプチプラコスメを購入した経験/自身の肌質

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

ネットリサーチについて

本記事のように、弊社テスティーでは「若年層向け」のネットリサーチを強みとしています。一般的に回収が難しいとされる若年層パネルも、テスティーなら業界最大の回収数で調査することができ、具体的には中学生なら1,000件/日、高校生なら4,000件/日の回収が可能です。

また、テスティーでは、アクティブなユーザーが多く存在する自社アプリを用いてネットリサーチを行なっています。そのため、一般的な調査対象であれば「1時間で3,000件以上」の回収が可能です。ローデータ納品までであれば即日、レポーティングまでであれば一週間以内での納品も可能です。

ネットリサーチに少しでも興味がある、またはネットリサーチを検討しているという方は、お気軽にお問い合わせください。弊社の専門家が丁寧にヒアリングし、お客様にとって最適な方法を一緒に模索します。

yassy
株式会社テスティーで働いています。
夢かわいいものと派手なものと美味しいものが好きです。