スナック菓子に関する調査【2021年版】

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、10〜20代男女3,162(10代男性670名、10代女性776名、20代男性859名、20代女性857名)を対象にスナック菓子に関する調査を実施しました。

お菓子を食べる頻度やスナック菓子の購入単価、流行っているスナック菓子に対する意識など調査結果を御覧ください!

この調査は定点調査です。
スナック菓子に関する調査レポート(2019年版)
スナック菓子に関する調査【2020年版】

▼このページの最後に調査データのDLフォームがございます▼
   こちら/クリックでDLフォームに飛びます。
   ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

※記事では10〜20代男女のデータを使用していますが、ダウンロードデータ内には30代以上の調査データもご用意しています。

お菓子に関する基本調査

まず、お菓子に関する基本調査を行いました。

お菓子を食べる頻度

10〜20代男女3,162名を対象にお菓子を食べる頻度を尋ねたところ、「ほぼ毎日」と回答した人は10代男性で46.9%、10代女性で49.6%、20代男性で26.4%、20代女性で38.0%となりました。

【前回の調査からの変化】

<お菓子を食べる頻度>

 10代男性 2020年:43.1% → 2021年:46.9%(3.8pt増)
 10代女性 2020年:46.8% → 2021年:49.6%(2.8pt増)
 20代男性 2020年:25.0% → 2021年:26.4%(1.4pt増)
 20代女性 2020年:39.5% → 2021年:38.0%(1.5pt減)

※「ほぼ毎日」選択者

前回の調査からの変化を見ると、20代女性以外はお菓子を食べる頻度が高くなっていることが分かります。2020年に引き続きコロナ禍の自粛によりお家で過ごす人が多いことも関係していそうです。

前回の調査から数値に変化が見られました。
前回の調査記事はこちらから閲覧できます

直近1ヶ月以内に食べたお菓子

【直近1ヶ月以内に食べたお菓子】

第1位:スナック菓子

 <10代>74.4%
 <20代>68.0%

第2位:チョコレート菓子系

 <10代>63.6%
 <20代>57.5%

第3位:クッキー・ビスケット系

 <10代>57.4%
 <20代>52.6%

お菓子を月に1回以上食べると回答した人を対象に、直近1ヶ月以内に食べたお菓子を聞いたところ、人気が高かったお菓子は「スナック菓子」となり、次に「チョコレート菓子」「クッキー・ビスケット系」と性年代で違いはないことがわかりました。

 

※「よく食べるお菓子」を自由回答にてさらに具体的に聞いてみました。より詳細なデータは無料でダウンロードすることができるので、是非そちらも併せてご覧ください!

スナック菓子に関する意識調査

次に、「直近1ヶ月以内に食べたお菓子」で第1位となったスナック菓子に関する意識調査を行いました。

スナック菓子を食べる頻度

【スナック菓子を食べる頻度】    

ほぼ毎日     19.8%
2〜3日に1回程度  30.0%
週に1回程度    29.9%
2週間に1回程度   17.3%
ほとんど食べない  3.1%

「スナック菓子を食べる」と回答した人に食べる頻度を聞いたところ、全体で「2〜3日に1回程度」と回答した人が最も多く、30.0%となりました。全体を見ると8割の人が週に1回以上スナック菓子を食べていることがわかりました。

スナック菓子の金額感

そして、スナック菓子を食べると回答した人を対象に「普段購入するスナック菓子の単価」を聞きました。

最も多かったのは「100〜150円未満」で10代20代共に約5割、さらに「高い」と感じる金額では「200円以上」と回答した人が最も多く、全体で約4割程となりました。

 

前回の調査よりも高いと感じる値段に変化がありました。
前回の調査記事はこちらから閲覧できます

この結果から10〜20代にとってスナック菓子は「100〜200円未満」の価格帯であれば実際に購入しやすい価格であることがわかりました。

スナック菓子を購入する際に重視すること

また、「スナック菓子を購入する際に重視すること」を調査したところ、10代男性のみ「価格」が第1位となり、それ以外の性年代では第1位「味の種類」という結果になりました。

10代男性の第2位では「味の種類」、その他の性年代で第2位に「価格」がランクインしていることから、「味の種類」と「価格」の重要度はかなり高いということが分かりました。

スナック菓子とSNS・動画

SNSや動画で流行っているスナック菓子を購入したいか

<購入したいと回答した人>

 10代男性 60.0%
 10代女性 70.6%
 20代男性 53.9%
 20代女性 61.2%

※「購入したい」「やや購入したい」選択者

最後に、SNSや動画などで流行っているスナック菓子を購入したいかどうか尋ねたところ、「購入したい」と回答した人は10代男性で60.0%、10代女性で70.6%、20代男性で53.9%、20代女性で61.2%という結果になり、半数以上の人がSNSや動画で流行っているスナックを購入したいと思っていることが分かりました。

また、10代女性の関心度が最も高く、次に20代女性が続いたことから男性よりも女性の方がSNSや動画での影響を受けやすい様子が伺えます。

そこで、「購入したい」「やや購入したい」と回答した人を対象にその理由を聞いてみました。

流行ってる=おいしい、話題作りができる (17歳 男性)

自分のSNSにも投稿したいから (14歳 女性)

沢山の人が美味しいと言っているお菓子であれば自分も食べたくなる(19歳 女性)

どのような商品かがわかりやすく、見ていて思わず食べたくなるから(27歳 男性)

周りの反応からどんな味が気になる。自分も試してみたい。話のタネにしたい (27歳 女性)

「流行っているから気になる」や「話題として出したい」と流行に敏感な様子やより若年層になると「自分のSNSに投稿したい」と考える人が多く見られ、流行とSNSの親和性が高い様子が見受けられました。

※「購入したいと思わない」と回答した人のその理由を自由回答にて具体的に聞いてみました。より詳細なデータは無料でダウンロードすることができるので、是非そちらも併せてご覧ください!

スナック菓子 あとがき

以上、スナック菓子に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、各項目の男女別集計結果や記事中データ以外にも「スナック菓子を食べる場面」「誰と一緒に食べるか」「スナック菓子を自分で購入するか」など詳しい回答結果ご覧いただけます。

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

■調査期間:2021年9月2日(木)〜 2021年9月10日(金)

■調査項目
<基本情報> お菓子を食べる頻度/1ヶ月以内に購入したお菓子/スナック菓子を食べる頻度/よく食べるお菓子の商品名
<経験者情報>スナック菓子を自分で購入するか/スナック菓子の単価/スナック菓子の購入場所/流行っているスナック菓子の購入経験

調査データ ダウンロード

 
株式会社テスティーで働いています。
夢かわいいものと派手なものと美味しいものが好きです。