勉強方法に関する調査レポート

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、10代〜20代の男女2,129名(10代男性469名、10代女性439名、20代男性603名、20代女性618名)を対象に、勉強方法に関する調査を実施しました。

勉強中のスマートフォン利用率や、利用しているアプリのランキングなど勉強方法に関する調査結果を御覧ください。

勉強で利用した経験があるもの

10代〜20代の半数以上が勉強中にスマートフォンを利用

10代〜20代の男女を対象に、勉強で利用した経験があるものついて尋ねました。その結果、「スマートフォン」を勉強中に利用した経験があると回答した人は10代男性で64.6%、10代女性で72.4%、20代男女では約5割以上となりました。

また、10代男女では「書店などで購入した教材」を抑えて「スマートフォン」が1位にランクインしました。

スマートフォンを利用する理由

勉強中に「スマートフォン」を利用した経験があると回答した人1,247名を対象に、その理由について尋ねました。

【スマートフォン利用理由】
1位:隙間時間で勉強できる
〈10代男性〉62.8% 
〈10代女性〉70.8%
〈20代男性〉65.0%
〈20代女性〉65.6%

2位:場所を選ばずに勉強できる 
〈10代男性〉52.8%
〈10代女性〉61.6%
〈20代男性〉60.1%
〈20代女性〉61.3%

3位:本や教材を持ちたくない  
〈10代男性〉30.4%
〈10代女性〉33.0%
〈20代男性〉37.3%
〈20代女性〉30.7%

いずれの性年代においても、1位は「隙間時間で勉強ができる」2位は「場所を選ばずに勉強できる」3位は「本や教材を持ちたくない」となりました。

最も多かった「隙間時間で勉強できる」と回答した人は各性年代で6割以上となり、隙間時間を効率的に利用して勉強しているようです。

スマートフォンを利用しない理由

次に、「スマートフォンを勉強に利用しない」と回答した人を対象に、その理由を聞きました。

やっぱり紙の勉強が一番だから (17歳 男性)

スマホを触ったら、勉強以外のこともしちゃうから (16歳 女性)

スマートフォンだと暗記するのに書いたりすることができず不便 (21歳 男性)

スマホを見るとゲームしたり、SNSみたりして勉強がはかどらない (26歳 女性)

「ゲームや、勉強以外のことをしたくなる」という意見が多く挙がりました。

スマートフォンを利用した勉強時間

【スマートフォンを利用した勉強時間】
〈10代男性〉
30分未満      47.9%
30分〜1時間未満 26.7%
1〜2時間未満    12.9%
〈10代女性〉
30分未満      51.6%
30分〜1時間未満 25.5%
1〜2時間未満    13.8%
〈20代男性〉
30分未満      48.5%
30分〜1時間未満 24.8%
1〜2時間未満    15.2%
〈20代女性〉
30分未満      51.7%
30分〜1時間未満 28.8%
1〜2時間未満    13.6%

スマートフォンを利用して勉強する時間はおよそ半数の人が「30分未満」と回答しました。

「勉強アプリ」利用経験

続いて、勉強中にスマートフォンを利用したことがあると回答した男女1,247名を対象に、勉強をする際に利用したことがある「勉強アプリ」について尋ねました。


※「古文・漢文」の正式名称→古文・漢文(古文単語、古典文法、漢文)

「勉強アプリ」で最も利用されているのは「スタディサプリ」

スマートフォンで最も利用されている「勉強アプリ」は「スタディサプリ」となり、10代男性で37.3%、10代女性で41.8%、20代男性で26.4%、20代女性で27.2%となりました。

また、第2位には「スタディサプリENGLISH」がランクインするなど、スタディサプリ関連の「勉強アプリ」が非常に人気である様子が伺えます。

「勉強アプリ」で重視する点

スマートフォンで利用している「勉強アプリ」の重視している点について、自由回答にて尋ねました。

評価、分かりやすさ、登録者数 (10歳 男性)

わかりやすさ、使いやすさ 自分にあっているか (18歳 女性)

自分に合った難易度があるもの。 (22歳 男性)

わかりやすく解説されている (24歳 女性)

スマートフォンを利用して勉強をする人は「使いやすさ」や「難易度を選択できる」ということを重視する人が多いことが判明しました。

「勉強アプリ」への課金経験者はおよそ1割

最後に、「勉強アプリ」への課金経験を調査しました。

【勉強アプリへの課金経験】
10代男性 13.5%
10代女性   9.4%
20代男性 19.8%
20代女性 12.4%

10代〜20代男女の課金経験者はおよそ1〜2割ほどとなりました。

また、勉強にスマートフォンを利用する人は10代の方が多い一方で、課金経験率では20代男性が最も高い結果となりました。

あとがき

以上、勉強方法に関する調査結果をご紹介しました。

勉強に利用しているサービスについてのデータなど、その他詳細データについては下部の集計データダウンロードより、詳しい回答結果をご覧ください。

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット 「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

■調査期間:2019年1月31日(木)〜 2019年2月1日(金)
■調査項目
〈基本情報〉利用経験/利用サービス・アプリ/利用理由/未利用理由
〈利用者情報〉重視点/悩みの有無/利用時間/課金経験/満足度/満足度理由

 

内田 遼
株式会社テスティーで働いています。コーヒーが好きです。アイスよりホット派です。よろしくお願い致します。