Twitterキャンペーンに関する調査【高校生・大学生対象】

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、高校生・大学生の男女2,407名(男子高校生641名、女子高校生612名、男子大学生577名、女子大学生577名)を対象に「Twitter」に関する調査を実施しました。

Twitterのアカウント所持率や利用頻度、企業アカウントのTwitter上のキャンペーン参加率や参加後の態度変容などに関する調査結果をご覧ください!

また、この調査データを無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

Twitterに関する基本調査【高校生・大学生対象】

まずは、Twitter全般に関する基本調査を行いました。

Twitterのアカウント所持率

【Twitterアカウントを持っているか】

<高校生>

 全体 81.7%男子 80.3% 女子 83.0%)

<大学生>

 全体 85.7%男子 84.1% 女子 87.3%)

高校生・大学生の男女2,407名を対象に、Twitterのアカウントを持っているか尋ねたところ、高校生・大学生ともに8割以上がTwitterアカウントを持っていると回答しました。高校生よりも大学生の方が多く、男子よりも女子の方が所持率が高いことがわかりました。

Twitterの利用頻度

【Twitterの利用頻度】

<高校生>

1日に10回以上 24.1%
1日に2〜9回  44.7%
1日に1回     14.5%
週に数回以下   16.7%

<大学生>

1日に10回以上 25.9%
1日に2〜9回  46.4%
1日に1回     12.8%
週に数回以下   14.9%

次に、「Twitterのアカウントを持っている」と回答した人を対象に、Twitterの利用頻度について尋ねたところ、高校生・大学生ともに8割以上が1日1回以上Twitterを利用しており、高校生と大学生の間に差はあまりないことがわかりました。

Twitterの利用目的

続いて、Twitterの利用目的について調査したところ、高校生・大学生ともに第1位は「暇つぶし」、僅差で第2位が「情報収集」となりました。リアルタイムの情報が流れやすいため、Twitterを情報源として利用している人が多いようです。

Twitterキャンペーンに関する調査【高校生・大学生対象】

続いて、Twitter上のキャンペーンに関する調査を行いました。

キャンペーンの参加率・知ったきっかけ

【Twitter上のキャンペーンに参加したことがあるか】

<高校生>

 全体 52.5%男子 52.2% 女子 52.8%)

<大学生>

 全体 49.0%男子 47.6% 女子 50.4%)

まず、「Twitterのアカウントを持っている」と回答した人を対象に、Twitter上のキャンペーンに参加したことがあるか尋ねたところ、約半数の人が「参加したことがある」と回答しました。

【キャンペーンを知ったきっかけ】

<高校生>

リツイートなどで流れてきた 75.6%
Twitter内で広告を見た    31.0%
企業のホームページを見た  14.7%
家族・友人から聞いた    12.1%

<大学生>

リツイートなどで流れてきた 74.6%
Twitter内で広告を見た    31.1%
企業のホームページを見た  14.2%
家族・友人から聞いた    13.9%

また、「参加したことがある」と回答した人を対象に、そのキャンペーンを知ったきっかけを調査したところ、7割以上の人が「リツイートなどで流れてきた」と回答しました。また、約3割の人が「Twitter内で広告を見た」と回答したことからも、キャンペーンに対する広告の効果を読み取ることができます。

キャンペーン参加後の態度変容

次に、「キャンペーンに参加した後の、行動やその企業に対する印象」について調査したところ、大学生よりも高校生の方が好感度が上がった」と回答した人の割合は大きく、高校生・大学生ともに男子の方が理解度が上がった」と回答した人の割合が大きいという結果になりました。

また、どの性年代も約2割が「その企業の商品購入やサービス利用が増えた」と回答していることからも、Twitter上のキャンペーンが間接的に売上に繋がっている部分があることが判明しました。

キャンペーン終了後のフォロー継続率・その理由

【キャンペーン終了後も継続してフォローしているか】

<高校生>

 全体 69.7%男子 69.9% 女子 69.4%)

<大学生>

 全体 72.0%男子 72.3% 女子 71.7%)

最後に、「キャンペーン終了後も継続してフォローしているか」を調査したところ、高校生・大学生ともに約7割の人が「フォローしている」と回答しました。

また、その理由を尋ねたところ、

<高校生>

またキャンペーンがあるかもしれないから 15歳 男子

今後またキャンペーンがあったら参加したいから 16歳 女子

<大学生>

一度キャンペーンをした企業は、期間をあけてまたすることが多いから 20歳 男子

また同じようなキャンペーンがあれば応募したいため 23歳 女子

など、キャンペーン参加に対して積極的な姿勢が読み取れました。

また、

<高校生>

有益な情報が入ってくるから 15歳 男子

ツイートが面白かったから 15歳 女子

<大学生>

情報が有用だったため 21歳 男子

新商品の情報などが流れてくるから 21歳 女子

など、キャンペーン終了後もその企業が提供する情報の有益さに惹かれている様子が伺えました。

あとがき

以上「Twitterキャンペーン」に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、記事中データ以外にも「フォローしている企業の業種」や「フォローを外したきっかけ」など様々な調査結果がご覧いただけるので、興味がある方は是非ダウンロードしてみてください!

調査データ ダウンロード

 

調査データ 詳細

■調査期間:2019年9月26日(木)〜2019年9月29日(日)

■調査項目
<全体情報>Twitterアカウント所持率/Twitterの利用頻度/Twitterの利用目的/Twitterの所持アカウント数/フォローを外した経験/企業アカウントをフォローしているか/企業アカウントフォローしている理由/フォローしている企業アカウント数/フォローしている企業の業種/フォローしている企業アカウントを知ったきっかけ/キャンペーンの参加率/キャンペーンに参加した回数/キャンペーンを知ったきっかけ/キャンペーン参加後の態度変容/キャンペーン終了後のフォロー継続率とその理由

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

柿澤繁幸
株式会社テスティーで働いています。また、Alfred(アルフレッド)というバンドで作詞作曲してます。