デパコスに関する調査

デパコスに関する調査のアイキャッチ画像

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、15〜24歳までの女子1,290(高校生585名、専門・短大・大学生705名)を対象に「デパコス」に関する調査を実施しました。

デパコスの利用率やプチプラコスメとの利用比率、若年層がデパコスで重視していることなどの調査データをご覧ください!

また、この調査データは無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

 

デパコスに関する基本情報

デパコス利用率と利用比率

10代20代若年層コスメ利用経験率調査結果画像

15〜24歳の女子1,290名を対象にデパートコスメ(以下、デパコス)の利用経験を聞いたところ、「デパコスを利用したことがある」と回答した人は高校生で51.1%、大学生で65.7%という結果になりました。

また、「デパコスを利用したことがある」と回答した人を対象にデパコスとプチプラコスメの利用比率を聞いたところ、「ほぼデパコスを利用している」と回答した人は高校生で6.0%、大学生で8.3%という結果になりました。

この結果から、若年層はデパコスよりもプチプラコスメを中心に利用していることが伺えます。

デパコスの情報収集方法と購入場所

【情報収集方法】

第1位:SNS       75.7%
第2位:友人・家族    45.3%
第3位:YouTube     45.0%

次に、「デパコスを利用したことがある」と回答した人を対象に、デパコスの情報入手方法を聞いたところ、第1位は「SNS」、第2位は「友人・家族」となりました。

さらに、「YouTube」と回答した人を対象に「コスメ情報を収集する際に見るYouTuber(またはチャンネル名)」を尋ねました。

・ななこ(nanako ななこ)
・ふくれな(ふくれなチャンネル)
・河西美希(Kawanishi Mikiかわにしみき)
・元美容部員の和田さん。(和田さん。チャンネル)
・さぁや(saaya)
・古川優香 

デパコスが対象ということもあり、「元美容部員の和田さん。(和田さん。チャンネル)」や「河西美希(Kawanishi Mikiかわにしみき)」、「さぁや(saaya)」などデパコスを多く紹介しているチャンネルの支持が高いことが分かりました。

【デパコスの購入場所】

第1位:専門店       58.5%
第2位:百貨店       50.5%
第3位:ドラッグストア   37.5%
第4位:通販サイト     23.5%
第5位:公式サイト     18.7%

続いて、デパコスの購入場所を尋ねると、「専門店」と回答した人が最も多く58.5%となりました。

この結果からプチプラコスメと同様に、SNSや友人・家族、YouTubeから情報を入手し、店舗に足を運んで実際に商品を見て購入している人が多いという事が分かりました。

比較に利用した「プチプラコスメに関する調査」の記事はこちらです。併せてご覧ください!

お気に入りのデパコスと重視ポイント

お気に入りのデパコス

10代20代若年層お気に入りコスメランキング調査結果画像

続いて、「お気に入りのデパコス」を聞いたところ、高校生では第1位は「M・A・C(マック)」、大学生では第1位は「Dior(ディオール)」となりました。

また、お気に入りのブランド数に着目すると高校生・大学生共に「4.3個」という結果になりました。

【そのコスメを気に入ってる理由】

第1位:パッケージや色合いが可愛いから   45.7%
第2位:自分のメイクのイメージに合うから  34.0%
第3位:自分の肌質・肌色に合うから     30.2%

そして、「そのコスメを気に入っている理由」を聞いたところ、年代を問わずコスメ自体のデザイン性や自分に合うメイクができるものを気に入っている様子が伺えました。

 

また、この記事のより詳細な調査データが無料でダウンロードできるようになっておりますので、是非そちらも併せてご覧になってください!

 

デパコスで重視するポイント

10代20代若年層コスメ重視ポイント調査結果画像

デパコスで重視するポイントを尋ねたところ、年代を問わず「色味・発色」という回答が最も多く、高校生では58.9%、大学生では48.5%となりました。

大学生に比べ高校生は「パッケージデザイン」や「ブランド」を重視する人が多いことから、高校生はメイクアップ道具という意味合い以外の価値をコスメに求める傾向があるのかもしれません。

デパコスで購入することが多いコスメジャンル

<高校生>

第1位:リップ        60.9%
第2位:アイシャドウ     14.7%
第3位:ファンデーション     8.0%

<大学生>

第1位:リップ        46.2%
第2位:下地         15.0%
第3位:ファンデーション   14.6%

「デパコスで購入することが多いコスメジャンル」を聞いたところ、高校生と大学生共に第1位が「リップ」となり、続いて、高校生の第2位は「アイシャドウ」、大学生の第2位は「下地」という結果になりました。

リップは他のコスメより比較的に値段が安く、手に取りやすい事からリップを購入する人が多いのかもしれません。

ビューティーアドバイザーさんとの関わり方

「タッチアップ」と「カウンセリング」

最後に、若年層とビューティーアドバイザーさん(以下、BA)の関わり方を調査しました。

【BAの「タッチアップ」や「カウンセリング」を受けたことがありますか?】
【受けた後にすすめられた商品を購入したことはありますか?】

<高校生>

受けたことがあり、購入したことがある    24.4%
受けたことはあるが、購入したことはない   16.4%
受けたことがない              59.2%

<大学生>

受けたことがあり、購入したことがある   35.2%
受けたことはあるが、購入したことはない  18.9%
受けたことがない             45.8%

BAから「タッチアップ」や「カウンセリング」を受けた経験、受けた後に勧められた商品を購入した経験を聞いたところ「受けたことがあり、購入したことがある」と回答した人は、高校生は24.4%、大学生は35.2%となりました。

高校生に比べ、大学生の方がタッチアップやカウセリングを受けた上で商品を購入しているということが分かりました。

また、「タッチアップやカウセリングを受けた理由」を尋ねたところ

商品を試して使用感が知りたかったから      18.8%
自分の肌色・肌質を知りたかったから       12.8%
自分の肌色・肌質に合う商品を知りたかったから  12.2%

という結果になりました。この結果から、自分の肌色や肌質をしっかりと知ってから合う商品を実際に試すことがデパコスの購入に繋がっているようです。

次に、「タッチアップやカウセリングを受けない理由」を尋ねたところ

自分の肌があまり綺麗じゃないから人に見られたくない (19歳女性)
学生のためたくさん購入できないので遠慮してしまう (24歳女性)
メイクを落とす手間や時間が気になるのと、カウンセリングを受けるのに勇気がいる (21歳女性)

若年層は素顔を見られることの抵抗感や、高額な買い物ができないことへの遠慮等から「やってみたいが勇気出ない」という意見が多く見られました。
また、時間や手間がかかるという意見も目立ったことから、より気軽にカウンセリング・タッチアップを受けることができれば若年層が気楽に利用できるのかもしれません。

あとがき

以上「デパコス」に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、
若年層が最も気に入っているデパコス
デパコスに使用する1ヶ月の平均額
など記事中データ以外の調査結果もご覧いただけます。

ネットリサーチに興味がある、どんな調査が可能か話を聞いてみたいという方は
テスティーリサーチへお気軽にお問い合わせ下さい!

調査データ ダウンロード

調査データ 詳細

■調査期間:2020年3月13日(金)〜2020年3月14日(土)

■調査項目
<全体情報>メイク頻度/美容意識/デパコスの利用経験/自身の肌質/普段利用しているのはデパコスかプチプラコスメか/デパコスの情報収入源/情報収集に観ているYouTuber/デパコスの購入手段/デパコスに使用する1ヶ月の平均額/「デパコス」と聞いて思い浮かぶ企業は?/お気に入りのデパコス/最もお気に入りのデパコス/お気に入りのデパコスを選んだ理由/デパコスで重視するポイント/決まったコスメを利用するかそれとも色々な種類のコスメを利用しているか/デパコスで購入する機会が多いコスメジャンル/ビューティーアドバイザーさんとの関わり/タッチアップやカウセリングを受けた理由/ビューティーアドバイザーさんに勧められて買ったコスメジャンル/すすめられた商品を購入しなかった理由/タッチアップやカウセリングを受けない理由

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

ネットリサーチについて

本記事のように、弊社テスティーでは「若年層向け」のネットリサーチを強みとしています。一般的に回収が難しいとされる若年層パネルも、テスティーなら業界最大の回収数で調査することができ、具体的には中学生なら1,000件/日、高校生なら4,000件/日の回収が可能です。

また、テスティーでは、アクティブなユーザーが多く存在する自社アプリを用いてネットリサーチを行なっています。そのため、一般的な調査対象であれば「1時間で3,000件以上」の回収が可能です。ローデータ納品までであれば即日、レポーティングまでであれば一週間以内での納品も可能です。

ネットリサーチに少しでも興味がある、またはネットリサーチを検討しているという方は、お気軽にお問い合わせください。弊社の専門家が丁寧にヒアリングし、お客様にとって最適な方法を一緒に模索します。

furubayashi
株式会社テスティーで働いています。
夢かわいいものと派手なものと美味しいものが好きです。