ゲームアプリユーザーに関する調査【10代20代対象】

10代20代若年層ゲームアプリユーザー調査メイン

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、10代20代の男女4,241名(10代男性1,024名、10代女性1,052名、20代男性1,038名、20代女性1,127名)を対象にゲームアプリユーザーに関する調査を実施しました。

今回は、ゲームアプリユーザーの性質に焦点をあてユーザーマップを作成しました。ゲームアプリ別利用率やHi課金率などに関する調査結果を御覧ください!

また、この調査データを無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

ゲームプレイヤーのユーザー分析

ゲームアプリ利用者ユーザー分析

今回は直近1ヶ月以内にゲームアプリを利用した10代20代の男女4,241名(10代男性1,024名、10代女性1,052名、20代男性1,038名、20代女性1,127名)に調査を行いました。

まず、各性年代の直近1ヶ月以内に利用したゲームアプリの平均数を出しました。

<直近1ヶ月以内利用ゲームアプリ数>
10代男性:3.98個
10代女性:2.31個
20代男性:3.55個
20代女性:1.88個

直近利用ゲームアプリ数は、10代男性で3.98個、10代女性で2.31個、20代男性で3.55個、20代女性で1.88個となりました。

女性に比べ、男性のほうがゲーム直近利用数は多く、また20代よりも10代のほうがゲーム直近利用数は多いことがわかりました。

また、全体のアプリ直近1週間以内利用率を今回も調査すると以下のような結果になりました。

1位:LINE:ディズニーツムツム 30.9%
2位:モンスターストライク 18.2%
3位:ポケモンGO 16.0%
4位:荒野行動 14.4%
5位:パズルアンドドラゴンズ 12.2%

6月に調査した際とほとんど同様の結果となりました。
前回調査:ソシャゲに関する調査レポート【10〜30代対象|2019年版】

ここからは課金意欲で3段階、ゲームへの意識で3段階にてゲームプレイヤーマップを作成しました。

10代20代若年層ゲームアプリユーザーマップ画像ペルソナ

以下では10代男性、10代女性、20代男性、20代女性それぞれの性年代におけるゲームプレイヤーマップを見ていきます。

10代男性ゲームプレイヤーマップ

まずは、10代男性から見ていきます。

10代男性ゲームアプリユーザーマップ画像

10代男性では、やりこむかつ無課金の「無課金ガチ勢」ユーザー、やりこむかつ微課金の「効率重視の猛者」ユーザーが多いようです。

また、直近1ヶ月以内利用ゲームアプリでは、モンスターストライクが28.9%で1位となりました。

さらにユーザーマップの右上のユーザー層「どっぷりHi課金」ユーザーでのゲームアプリ利用率を調べました。

10代男性ゲームアプリユーザー課金層利用がゲームアプリ率画像

「どっぷりHi課金」ユーザーにおける利用率はLINE:ディズニーツムツムが50.0%で1位となりました。

また、通常利用率に対して利用率が伸びている割合(以下、伸び率表記)が最も高いゲームアプリも調査しました。
※伸び率=「どっぷりHi課金」ユーザー利用率 / 通常利用率
※通常利用率3.0%以上のゲームのみで算出

10代男性ゲームアプリユーザー課金層利用ゲームアプリ伸び率画像

10代男性の「どっぷりHi課金」ユーザーにおける伸び率では、グランブルーファンタジーが464%で1位となりました。

次いで、「アイドルマスターシンデレラガールズ」が416%で2位、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」が400%で3位という順になりました。

10代女性ゲームプレイヤーマップ

次に、10代女性を見ていきます。

10代女性ゲームアプリユーザーマップ画像

10代女性では無課金プレイヤーが74.6%と多くを占めていることがわかりました。

また、10代女性の直近1ヶ月以内利用ゲームアプリでは「LINE:ディズニーツムツム」が41.3%と、2位以下に圧倒的な差をつけて1位となりました。また、荒野行動は10代女性でもトップ3に入っていることから、10代における高い人気が伺えます。

さらに10代女性でも同様に「どっぷりHi課金」ユーザーの利用率を算出しました。

10代女性ゲームアプリ課金ユーザーゲームアプリ利用率画像

10代女性の「どっぷりHi課金」ユーザーでは、「LINE:ディズニーツムツム」が81.8%と通常利用率と同じく1位となりました。女性では課金の大小に関わらず高い人気を得ているようです。

10代女性ゲームアプリ課金ユーザーゲームアプリ利用伸び率画像

さらに「どっぷりHi課金」ユーザーにおける利用率を10代女性でも調べると、シャドウバースが1位となりました。

「クラッシュ・ロワイヤル」や「Fate/Grand Order」といったやりこみ要素の高いゲームが10代女性でも上位となりました。

20代男性ゲームプレイヤーマップ

20代男性ゲームアプリユーザーマップ画像

10代男性に比べ20代男性では課金する割合がやや増えてきたことがわかります。

直近1ヶ月以内利用ゲームアプリでは20代男性でもモンスターストライクが25.6%で1位となりました。モンスターストライクは10代、20代ともに男性では1位となりました。

20代男性ゲームアプリ課金ユーザーゲームアプリ利用率画像

20代男性の「どっぷりHi課金」ユーザーでは、「Fate/Grand Order」が67.5%で1位になりました。

20代男性ゲームアプリ課金ユーザーゲームアプリ利用伸び率画像

20代男性における「どっぷりHi課金」ユーザーの伸び率では上図の様な結果となりました。

20代男性「どっぷりHi課金」ユーザーではバトル系のゲームアプリ利用者が比較的多いようです。

20代女性ゲームプレイヤーマップ

最後に20代女性を見ていきます。

20代女性ゲームアプリユーザーマップ画像

20代女性でも無課金プレイヤーが69.1%と割合としてかなり多いことがわかりました。

また、利用アプリでは20代女性でも「LINE:ディズニーツムツム」が35.8%で1位という結果になりました。

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」が上位5アプリに入りました。また、意外にも「モンスターストライク」が4位となりました。

20代女性ゲームアプリ課金ユーザーゲームアプリ利用率画像

利用率では20代女性の「どっぷりHi課金」ユーザーでも「LINE:ディズニーツムツム」が57.1%で1位になりました。

また、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」が20代女性の「どっぷりHi課金」ユーザーで2位となったことからも、20代の「どっぷりHi課金」ユーザーから高い支持を得ている様子が伺えます。

20代女性ゲームアプリ課金ユーザーゲームアプリ利用伸び率画像

20代女性の「どっぷりHi課金」伸び率では、「クラッシュ・ロワイヤル」が1016%と最も高い伸び幅となりました。

「クラッシュ・ロワイヤル」は10代男性以外の「どっぷりHi課金」ユーザーの利用率上位5位に入っていることからも、「どっぷりHi課金」ユーザーにはハマりやすいのかもしれません。

ゲームアプリ側から見ると・・・?

人気アプリ3つにおけるユーザーマップを分析

ソシャゲ調査で2位のFGO、10代〜20代といった男性ゲームプレイヤーから圧倒的人気を誇るモンスターストライク、10代の男女ともにトップ3位に入っている荒野行動についてそれぞれの利用者におけるゲームアプリユーザーマップを分析しました。

モンスターストライクユーザーマップ

10代20代モンスターストライク利用者ゲームアプリユーザーマップ画像

「モンスターストライク」プレイヤーでは男性が多いこともあってか、ゲームプレイヤー全体よりも「どっぷりHi課金」ユーザーの割合が多くなりました。

一方「課金:小」ユーザーも43.5%という結果になり、様々なプレイヤーが混在している様子が伺えます。

Fate/Grand Orderプレイヤーマップ

「Fate/Grand Order」でも同様にユーザー分布を調べました。

10代20代Fate/Grand Order利用者ゲームアプリユーザーマップ画像

「Fate/Grand Order」では、「やりこむ:大」ユーザーが73.4%となり、特に「どっぷりHi課金」ユーザーが21.7%とゲームアプリ利用者全体と比べかなり高い結果となりました。

以前調査した際と同様に、ヘビーユーザーが多い結果となりました。

参考:2018年12月公開「Fate/Grand Orderに関する調査」

荒野行動プレイヤーマップ

最後に、「荒野行動」プレイヤーに焦点を当てました。

10代20代荒野行動利用者ゲームアプリユーザーマップ画像

10代プレイヤーが多いこともあり、課金しているユーザー比率は高くないことがわかりました。

性年代別での利用率における違いはあるものの、「モンスターストライク」のプレイヤーマップとかなり近い結果となりました。

参考:荒野行動に関する調査【10代20代1,406名対象】

あとがき

以上、ゲームアプリユーザーに関する調査結果をご紹介しました。

特定ゲームアプリプレイヤーにおける分析でもゲームそれぞれによってユーザーの分布は特徴の出る結果となりました。

下部の集計データダウンロードより、記事中データ以外の各性年代の利用率、「どっぷりHi課金」ユーザーの利用アプリなどご覧いただけます。

ゲームアプリユーザー 調査データダウンロード

 

調査データ詳細

■調査期間:2019年7月1日(月)

■調査対象アプリ
LINE:ディズニーツムツム、モンスターストライク、ポケモンGO、荒野行動、パズルアンドドラゴンズ、バンドリ!ガールズバンドパーティ、どうぶつの森、PUBG MOBILE、にゃんこ大戦争、クラッシュ・ロワイヤル、Fate/Grand Order、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル、Winning Eleven 2019、白猫プロジェクト、シャドウバース、Minecraft、プロ野球スピリッツA、Identity Ⅴ(第5人格)、逆転オセロニア、フォートナイト、アイドルマスター シンデレラガールズ、ドラゴンボールZ ドッカンバトル、実況パワフルプロ野球、人狼ジャッジメント、ミルクチョコ-オンラインFPS、妖怪ウォッチ ぷにぷに、白猫テニス、グランブルーファンタジー、クラッシュ・オブ・クラン、ピクセルガン3D、あんさんぶるスターズ、#コンパス【戦闘摂理解析システム】、城とドラゴン、青鬼オンライン、アズールレーン

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

高山 直人
株式会社テスティーで働いています。
冷たいものが好きです。よろしくお願い致します。