営業に市場調査が欠かせない理由とは?

市場調査 入門

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」では、今までは調査記事を中心に記事を公開してきましたが、その中でリサーチについてのご質問を数多く寄せられてきました。

今回は、市場調査と営業の関係性について説明していきます。

ネットリサーチの概要、まとめはこちら

市場調査とは?

一般的に市場調査とは、新サービスや商品の企画やマーケティング推進のために市場や顧客のニーズや動向を探る調査を意味します。

調査結果を分析し、顧客の要望を把握することで、商品開発や価格設定、自社商材の改善・変更、プロモーションなどに役立てることができます。

市場の情報を得るための方法は様々ですが、近年はその回収スピードの速さや手軽さ、低コストで実施できることからインターネットネットリサーチが調査の主流となっています。

サンプル数や設問数は、商材や市場規模、予算などによって様々ですが、適切な調査設計を行うことで必要な情報を得ることができる過不足ない調査が可能となります。

市場調査で市場の現状や顧客のニーズを十分に把握することができれば、商品企画やマーケティングをより効果的に行うことができると言えるでしょう。

市場調査と営業活動の関連性

テレアポ、訪問など、営業活動には様々な方法がありますが、どのような方法をとっても顧客のニーズを満たしていない商材を売り込むことは難しいでしょう。

仮に契約を取ることができたとしても、そのような商材が長期的に支持を得ることは困難かもしれません。

顧客の満足する商材を提供し、その商材が愛されるためには、市場調査によって顧客が本当に求めているものを把握することが重要です。

より効果的な営業活動を行うための選択肢として、市場調査を活用することもご検討いただければ幸いです。

柔軟な調査設計、充実のサポート。まずは相談する。

あとがき

以上、市場調査と営業の関係性についてご紹介しました。

商品開発やマーケティングに利用されるイメージの強い市場調査ですが、営業活動にも大きな効果があることをご理解いただけたでしょうか?

市場調査には様々な活用方法があるので、興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

リサーチをご検討されている方は、是非お問い合わせ下さい!

綿貫 葵
株式会社テスティーで働いています。
三度の飯より飯が好きです。