高校生・大学生のアルバイトに関する調査【2022年版】

アルバイト調査 アイキャッチ

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、高校生・大学生の男女2,400名(高校生男性329名、高校生女性666名、大学生男性421名、大学生女性984名)を対象に「アルバイト」に関する調査を実施しました。

アルバイト就業率やアルバイトの業種、アルバイト探しに利用した媒体、バイト先との連絡方法などの調査データをご覧ください!

▼このページの最後に調査データのDLフォームがございます▼
   ▶こちら/クリックでDLフォームに飛びます。
   ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

アルバイトに関する基本情報【高校生・大学生対象】

まず、アルバイトに関する基本調査を行いました。

アルバイト就業率

アルバイト調査画像1まず、高校生・大学生の男女2,400名を対象に現在アルバイトをしているかどうかを尋ねたところ、「現在アルバイトをしている」と回答した人は高校生では42.8%、大学生では79.1%となり高校生よりも大学生の方がアルバイト就業率が高いということがわかりました。

【前回の調査との変化】

<アルバイト就業率>

 高校生 2021年:43.4% → 2022年:42.8%(0.6pt減)
 大学生 2021年:77.6% → 2022年:79.1%(1.5pt増)

前回の調査と比較すると高校生は0.6ptのスコア減少、大学生は1.5ptのスコア増加が見られました。前回の調査同様、高校生よりも大学生の方がアルバイト就業率が高いことがわかります。

前回の調査から変化が見られました。
▶前回の調査記事はこちらから閲覧できます◀

現在しているアルバイトの業種

次に、現在アルバイトをしていると回答した人を対象に現在アルバイトの業種を調査したところ、高校生・大学生共に第1位は「飲食/フード」、第2位が「接客/サービス」、第3位が「その他」となりました。
「その他」と回答した人に詳しい業種を尋ねたところ、「塾講師」や「イベントスタッフ」という回答が挙がりました。

更に詳しいアルバイトの業種、月収や使い道を聞いてみました。より詳細な調査データが無料でダウンロードできるようになっておりますので、是非そちらも併せてご覧ください!

アルバイト探しに関する深堀り調査

次に、アルバイトに関する深堀り調査を行いました。

アルバイト探しに利用した媒体

【アルバイト探しに利用した媒体】

第1位 求人アプリ         47.4%

    <高校生> 46.9%
    <大学生> 47.7%

第2位 インターネット(求人サイト) 34.0%

    <高校生> 34.7%
    <大学生> 33.6%

第3位 知人・友人の紹介      23.2%

    <高校生> 22.8%
    <大学生> 23.5%

現在アルバイトをしていると回答した人を対象にアルバイト探しに利用した媒体を聞いたところ、高校生・大学生ともに第1位は「求人アプリ」となり、約5割の人が利用しているという様子が伺えます。また、第2位は「インターネット(求人サイト)」、第3位は「知人・友人の紹介」と続き、年代でアルバイト探しに利用した媒体に違いはないことがわかります。

アルバイト探しに利用したアプリ

アルバイト調査画像2続いて、アルバイト探しに「求人アプリ」を利用していると回答した人を対象に、利用しているアプリを尋ねたところ、高校生・大学生共に第1位は「タウンワーク」と回答し、次に高校生が「マイナビバイト」、大学生が「バイトル」と続き、第1位以下の順位に違いがあることがわかりました。

前回の調査からも順位に変動がありました。
▶前回の調査記事はこちらから閲覧できます◀

更に詳しいランキングや「その他」と回答した人の自由回答が無料でダウンロードできるようになっておりますので、こちらも併せてご覧ください!

アルバイト先との連絡方法

【アルバイト先との連絡方法

第1位 LINE  45.5%

   <高校生> 46.5%
   <大学生> 44.7%

第2位 電話  36.2%

   <高校生> 36.2%
   <大学生> 36.2%

第3位 メール 16.9%

   <高校生> 15.5%
   <大学生> 17.9%

次に、現在アルバイトをしている人を対象にアルバイト先との連絡方法を調査したところ、高校生・大学生ともに第1位は「LINE」、第2位「電話」、第3位「メール」となりました。

アルバイトを辞める際の連絡方法

【アルバイト先を辞める際の連絡方法

高校生

 第1位 直接店舗に行く 46.7%
 第2位 LINE        25.3%
 第3位 電話      20.9%

大学生

 第1位 直接店舗に行く 50.5%
 第2位 電話      21.4%
 第3位 LINE        21.2%

最後に、アルバイトを辞めた経験がある人を対象にアルバイトを辞める際の連絡方法を尋ねたところ、高校生・大学生共に第1位は「直接店舗に行く」となりました。
アルバイト先との連絡方法は「LINE」を選択した人が多かったものの、辞める際には顔を見て直接伝えることを選択する人が多く、コロナ禍でも人との関わりを大事にしていることが垣間見られる結果となりました。

アルバイトに関する調査 あとがき

以上「アルバイト」に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、
・アルバイトの頻度
・ひと月のアルバイトの平均収入
・アルバイト選びで重視している点
など記事中データ以外の調査結果もご覧いただけます。

ネットリサーチに興味がある、どんな調査が可能か話を聞いてみたいという方は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい!

調査データ ダウンロード

 

調査データ 詳細

■調査期間:2022年1月24日(月)〜2022年1月27日(木)

■調査項目
<全体情報>現在アルバイトをしているか/アルバイトの頻度/1日あたりの平均勤務時間/現在しているアルバイトの業種/現在しているアルバイトの内容/ひと月のアルバイトの平均収入/アルバイトで稼いだお金の使いみち/アルバイトを始めた理由/アルバイト探しに利用した媒体/アルバイト探しに利用したアプリ/アルバイトを選ぶ際に重視している点/アルバイト先との連絡方法/アルバイトを辞めた経験/アルバイトを辞める際の連絡方法

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

yassy
株式会社テスティーで働いています。
夢かわいいものと派手なものと美味しいものが好きです。