SNSの検索機能に関する調査(2020年)【高校生・大学生の男女対象】

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、SNSを利用している高校生・大学生の男女1,205名(男子高校生300名、女子高校生303名、男子大学生301名、女子大学生301名)を対象に「SNSの検索機能」に関する調査を実施しました。

TwitterやInstagramで検索したことのある商品・サービス、検索後に実際に購入・利用したことのある商品・サービスなどをご覧ください!

また、この調査データを無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

SNSに関する基本情報【年代別】

現在利用しているSNS

まず、SNSを利用している高校生・大学生1,205名を対象に現在利用しているSNSを尋ねたところ、高校生・大学生ともにLINE、Twitter、Instagramの順で利用率が高いことがわかりました。

また、「TikTok」は大学生よりも高校生の方が15ポイント以上高く、「Facebook」は高校生よりも大学生の方が10ポイント以上高い、という結果になりました。

Twitterの利用目的

【Twitterの利用目的】

<高校生>

 第1位 情報収集       90.9%
 第2位 検索ツールとして   48.4%
 第3位 知り合いの投稿を見る 40.7%

<大学生>

 第1位 情報収集       90.9%
 第2位 検索ツールとして   52.7%
 第3位 知り合いの投稿を見る 51.2%

次に、Twitter利用者を対象にTwitterの利用目的を尋ねたところ、高校生・大学生ともに第1位が「情報収集」となりました。

Instagramの利用目的

【Instagramの利用目的】

<高校生>

 第1位 情報収集       76.4%
 第2位 知り合いの投稿を見る 70.1%
 第3位 情報発信       47.8%

<大学生>

 第1位 情報収集       78.4%
 第2位 知り合いの投稿を見る 59.0%
 第3位 情報発信       43.7%

続いて、Instagram利用者を対象にInstagramの利用目的を尋ねたところ、Twitter同様に高校生・大学生ともに第1位が「情報収集」となりました。

また、この記事のより詳細な調査データも無料でダウンロードできるようになっておりますので、こちらも併せてご覧ください!

SNSの検索機能に関する調査【男女別】

次に、TwitterまたはInstagramを「検索ツール」として利用していると回答した人を対象に、男女別にSNS(Twitter、Instagram)の検索機能について調査しました。

検索したことのあるジャンル

まず、Twitterで検索したことのあるジャンルを男女別に調査したところ、男子は「スマホアプリ」が25.7%で第1位、女子は「コスメ・スキンケア」が32.7%で第1位となりました。

次に、Instagramで検索したことのあるジャンルを男女別に調査したところ、男女ともに「ファッション」が第1位となりました。

検索した中で購入・利用したことのあるジャンル

【検索した中で購入・利用したことのあるジャンル(Twitter)】

<男子>

 第1位 スマホアプリ    17.7%
 第2位 食品        13.3%
 第3位 飲料        10.8%

<女子>

 第1位 コスメ・スキンケア 19.9%
 第2位 お菓子       17.7%
 第3位 食品        15.4%

続いて、Twitterで検索したことのある商品・サービスのジャンルの中で、実際に購入・利用したことのあるジャンルを調査したところ、男子は第1位が「スマホアプリ」となり、女子は第1位が「コスメ・スキンケア」となりました。

【検索した中で購入・利用したことのあるジャンル(Instagram)】

<男子>

 第1位 ファッション    15.6%
 第2位 食品        10.1%
 第3位 飲料          8.6%

<女子>

 第1位 コスメ・スキンケア 24.8%
 第2位 ファッション    21.9%
 第3位 お菓子       13.9%

次に、Instagramで検索したことのある商品・サービスのジャンルの中で、実際に購入・利用したことのあるジャンルを調査したところ、男子は第1位が「ファッション」となり、女子は第1位が「コスメ・スキンケア」となりました。

あとがき

以上「SNSの検索機能」に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、
記事中データ以外の詳細な調査結果もご覧いただけます。

ネットリサーチに興味がある、どんな調査が可能か話を聞いてみたいという方は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい!

調査データ ダウンロード

 

調査データ 詳細

■調査期間:2020年2月7日(金)〜2020年2月9日(日)

■調査項目
<全体情報>現在利用しているSNS/Twitterの利用目的/Twitterで検索したことのある商品・サービスのジャンル/Twitterで検索したことのある商品・サービスのジャンルの具体例/実際に購入・利用したことのあるジャンル(Twitter)/Instagramの利用目的/Instagramで検索したことのある商品・サービスのジャンル/Instagramで検索したことのある商品・サービスのジャンルの具体例/実際に購入・利用したことのあるジャンル(Instagram)/

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

ネットリサーチについて

本記事のように、テスティーは「若年層向け」のネットリサーチを強みとしています。一般的に回収が難しいとされる若年層パネルも、テスティーなら業界最多の回収数で調査することができます。具体的には中学生なら1,000件/日、高校生なら4,000件/日の回収が可能です。

テスティーでは、アクティブなユーザーが多く存在する自社アプリを用いてネットリサーチを行なっています。そのため、一般的な調査対象であれば「1時間で3,000件以上」の回収が可能です。ローデータ納品までであれば即日、レポーティングまでであれば一週間以内での納品も可能です。

ネットリサーチに少しでも興味がある、またはネットリサーチを検討しているという方は、お気軽にお問い合わせください。弊社の専門家が丁寧にヒアリングし、お客様にとって最適な方法を一緒に模索します。

柿澤繁幸
株式会社テスティーで働いています。また、Alfred(アルフレッド)というバンドで作詞作曲してます。