市場調査とは?サービス内容やメリット・デメリットを徹底解説!

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」では、今までは調査記事を中心に記事を公開してきましたが、その中でリサーチについてのご質問を数多く寄せられてきました。

今回は、市場調査実施を検討されている方や市場調査にご興味がある方に向けて、市場調査が提供するサービスの内容について解説していこうと思います!

また「市場調査の概要」について記述した記事も用意したので、是非そちらもご覧になってください!

市場調査とは?インターネットリサーチとの関連性について

市場調査とは、企業がマーケティング活動を行う際に必要な「調査活動」のことを指します。調査内容の中には主に、消費者調査,商品調査,潜在需要調査,価格調査,販売調査,販路調査,販売促進調査,広告調査、などがあります。

これらの調査をインターネット上に記録されたデータやインターネットアンケートを用いて、様々な情報を収集することをインターネットリサーチと呼びます。

これまでも市場調査への需要は十分にありましたが、インターネット上での広告や販売戦略が複雑化したこと、消費者における需要の多様化など、インターネットネットリサーチを用いた市場調査はより重要性を増してきていると言えます。

インターネットリサーチを用いた市場調査とは?

それではインターネットリサーチを用いた市場調査とは具体的にどんなものなのか、について触れていきましょう。

市場調査をする際、対象や調査内容を絞ってから調査を行うことが多くなると思います。例えば「消費者調査」をしたい場合、消費者はいったいどんな理由で商品を購入したのか、またどんなことがきっかけで商品を購入したのかなど調査することができます。

この際インターネットリサーチでは年齢や性別は勿論のこと、地域や細かいセグメント設定を行ったうえで調査を行うことが可能になります。

その後、調査結果を基に専属のリサーチャーが集計・分析をし、レポート報告書などを作成することになります。

市場調査のメリット・デメリット

次に、市場調査をする際のメリットとデメリットについて解説していきます。

1つ目のメリットとしては、「第三者の意見」を得ることができる点が挙げられます。客観的な意見を聞くことで、発信者がなかなか気付きにくい自社商品・サービスの改善点を把握することができるのです。

2つ目は、「ニーズの把握」をすることができるという点です。調査を行うことによって、顧客がどのような要望を持っているかを事前に把握することができ、それを新商品の開発や販売に活用することでより効果的なマーケティングを行うことができるのです。

しかし、必ずしも求めていた分析結果が得られない場合もあります。リサーチのノウハウがない人が市場調査を行おうとしても、間違った方法で調査をしてしまう場合があり、その正確でないデータをマーケティングに用いるとかえって会社の不利益となってしまうこともあります。

そのような場合は、リサーチの専門知識が豊富な市場調査会社に依頼・外注してしまった方が効果的です。というのも、ノウハウのない人は無駄に時間を割かずに済むので人件費をカットすることができ、その上自社で行うよりも正確なデータを得ることができるためです。

もちろん調査を依頼すると費用はかかってしまいます。ただ、これは使える有益なデータを得るには必要なコストであり、やむを得ない部分でもあります。それよりも、中長期的な利益を考える方がより建設的です。その調査によって自社商品・サービスが改善され、それが利益に繋がることを考えると、調査にかかるコストは「将来への投資」と捉えるべきものだということがわかります。

テスティーでの市場調査

テスティーではネットリサーチを用いて市場調査を行います。また、調査をする際には業界ごとの特性などを考慮し、ヒアリングを徹底的に行うようにしています。

ヒアリングを基に、最も求めている調査内容や質問案を作成し、課題発見に繋がるよう心がけています。

具体的な調査例としては以下、自主調査の例を御覧ください。

荒野行動に関する調査

荒野行動に関する調査

脱毛に関する調査

脱毛に関する調査レポート

※実際の調査の場合はニーズによって調査レポートを提供させていただいております。

市場調査 サービス あとがき

以上、市場調査についてご紹介しました。

市場調査には様々な活用方法がありますが、最近では広告の効果検証などにも利用されることが多くなってきました。自社の出稿している広告が実際にどういった効果があるのか一度検証されてみてはいかがでしょうか。

リサーチをご検討されている方は、是非お問い合わせ下さい!

内田 遼
株式会社テスティーで働いています。コーヒーが好きです。アイスよりホット派です。よろしくお願い致します。