【IGTV】ミレニアル世代女性の動画視聴に関する調査

【IGTV】ミレニアル世代女性の動画視聴に関する調査.

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて、10〜30代のミレニアル世代の女性924名(10代308名、20代312名、30代304名)を対象に動画視聴に関する調査を実施しました。

動画視聴の方法や利用デバイス、さらに今話題となっているInstagramの新機能「IGTV」に関しての調査結果をご覧ください!

ミレニアル世代女性の6割以上がスマートフォンの画面を「縦向きでロックしている」

10代~30代女性全員を対象に、スマートフォン画面のロック状況を調査しました。

その結果、「(ロックを)している」と回答した人が全年代で最も多く、10代女性で63.3%、20代女性で68.6%、30代女性で60.2%となりました。

画面ロックをしている理由としては

寝転んでスマホを使っている時に勝手に横向きになるのが嫌だから(15歳女性)
横向きになるといっぺんに見ることができる情報が少なく不便だから(24歳女性)
ちょっと傾けただけで、画面が回転するから見にくい(34歳女性)

など、画面の向きが勝手に動いてしまうことがあるためロックしているという声が多く挙がりました。

10代女性の8割が「スマーフォン」でTV・動画の視聴している

次に、「テレビ・動画を視聴する際の利用デバイス」を聞きました。

10代女性の第1位は「スマートフォン」で80.8%、20代女性も第1位は「スマートフォン」で73.7%、30代女性は「テレビ」で76.0%となりました。

「テレビ」での視聴については、10代、20代女性は約6割となり、若年層になるほどテレビ・動画をスマートフォンで視聴している人が多い傾向にあることがわかりました。

Instagram利用調査、各年代でアクションに差があることが判明

次に、Instagramの利用者(以下、インスタユーザー) 10代〜30代女性580名(10代214名、20代210名、30代156名)を対象に「Instagram」に関する調査を行いました。

まず、Instagramの利用頻度を調査しました。

すると、全年代において「1日に数回以上」と回答した人が約7割となり、インスタユーザーの女性はInstagramアプリを1日に複数回起動していることがわかりました。

 

そこで、Instagramを開いて行うアクションについて聞きました。

「フィード」への投稿は全年代で約3割となりました。

 

差異が見られたのは「ストーリーズ」への投稿で、10代女性は49.1%と約半数の人が行っているのに対し、20代女性は40.5%、30代女性においては21.2%と年代が高まるにつれてストーリーズへの投稿率が下がる結果となりました。

 

「閲覧」に関しては10代、20代女性が7割程度であるのに対し、30代女性は81.4%と他年代よりも1割ほど高い結果となりました。

 

「ライブ配信」「DM(ダイレクトメッセージ)」においては各年代を比較すると、10代女性のアクション率が他の年代に比べて高い傾向が見られました。

Instagramの新機能「IGTV」の視聴率と「BGM機能」の利用意欲

日本では2018年6月21日よりダウンロード可能となったInstagramの新機能「IGTV」(引用:COMPASS)について調査しました。

その結果、IGTV視聴率は全年代で1割程度となりました (2018年6月29日時点) 。

また、「IGTVを知らない」と回答した人が全年代で5割となり、調査時点ではインスタユーザーの半数程度の認知度となりました。

そこで、新機能のIGTVに関連して「最長60分の動画を投稿するとしたらどんな投稿をしますか?」と聞いたところ

【10代女性】

アクセサリーを作る工程(18歳女性)
ファッションコーディネートを紹介する動画 女性(16歳女性)
地元の観光スポットを案内(19歳女性)

【20代女性】

イラストメイキングを紹介する動画(24歳女性)
骨格やパーソナルカラーにあった化粧品紹介する動画(21歳女性)
おすすめのカフェ、テーマパークを紹介する動画(24歳女性)

【30代女性】

育児の様子を紹介する動画(32歳女性)
おうちインテリアの紹介(30歳女性)
90年代ヒットソングを紹介する動画(31歳女性)

と、年代ごとにも特徴のある意見が寄せられました。How toを紹介したい、という声のほかにも、お店や観光場所など地域の魅力を紹介した動画を撮ってみたいという声も挙がりました。

さらに、最長60分の動画が投稿できる「IGTV」には、芸能人やインフルエンサーも多く投稿していることから、芸能人やインフルエンサーアカウントのフォロー率を調査しました。

全年代で約7割の女性が芸能人・インフルエンサーのアカウントをフォローをしていることが判明しました。

今後、芸能人やインフルエンサーの投稿を皮切りに「IGTV」の認知度や視聴率が上がっていくことが予想されます。

 

最後に、日本ではまだ対応していないものの、ストーリーズ機能に好きな音楽を乗せることができるBGM機能(引用:HYPEBEAST)が実装されたことを受けて、「ストーリーズにBGM挿入ができたらしたいですか?」と聞きました。

新機能の利用意欲は10代女性が最も高く、53.3%となりました。

ストーリーズの利用率も10代女性が最も高かったことから、新機能が日本でも実装されたら若年層を中心に利用拡大が見込める結果となりました。

まとめ

以上、10〜30代女性対象の動画視聴に関する調査結果をご紹介しました。

 

本記事執筆にあたって、Instagramの新機能をまとめたところ、

・ショッピング機能(URL遷移で商品購入可能)

・IGTV(最長60分の動画投稿)

・BGM挿入機能(撮影した動画などに好きな音楽をBGMとして設定可能)

・ビデオチャット機能(最大4人までのクローズドなビデオ通話可能)

と様々な新機能が実装されているようです。(*一部、現時点ではテスト実装)

 

新機能が増えていくにつれ「写真を投稿するSNS」としてだけではなく、メディアや連絡ツールとしてもアクティブに利用するユーザーが増えていきそうだと感じました。

 

 

*本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット

「TesTee(テスティー)調べ:https://testee.co」の表記をお願いします。

 

————

調査期間:2018年6月29日(金)
調査対象:10代、20代、30代 / 女性 / 自社モニター会員
割付方法:924サンプル(10代308サンプル、20代312サンプル、30代304サンプル)

————

このように、弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。

10代20代に対するアンケート調査やこんな調査をしてみて欲しい!という方はこちらへお問い合わせ下さい。

Kobayashi
株式会社テスティーで働いています。
小林芽久未です。本と音楽が好きです(・L・)♪