フォトブックアプリに関する調査レポート

フォトブックアプリ

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、20〜30代男女3,384名(20代男性906名、20代女性907名、30代男性731名、30代女性840名)を対象にフォトブック作成アプリに関する調査を実施しました。

スマートフォンで撮った写真の使い道やフォトブックアプリの利用率など調査結果を御覧ください。

また、この調査データを無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

写真の利用動向

「モノ」として残したいもの

【「モノ」として残したいもの】

〈男性〉
1位:お金           52.2%
2位:写真           52.0%
3位:DVD(映像コンテンツ) 32.3%

〈女性〉
1位:写真           66.0%
2位:お金           53.1%
3位:DVD(映像コンテンツ) 37.9%

20〜30代男女を対象に、データではなく「モノ」として取っておきたいものを聞いたところ、男性では「お金」と回答した人が52.2%、女性では「写真」と回答した人が66.0%で最も多くなりました。

男性よりも女性の方が写真をモノとして残したいと考えていることがわかりました。

スマートフォンでの写真撮影率

【スマートフォンでの写真撮影率】

スマートフォンで撮る   90.5%

次に、スマートフォンで写真を撮るかどうか聞いたところ、「スマートフォンで撮る」と回答した人は90.5%となりました。

【何の写真を撮るか】

〈20代〉
1位:風景     79.0%
2位:食べ物       67.3%
3位:友人・恋人  58.2%

〈30代〉
1位:風景      68.7%
2位:家族      61.6%
3位:食べ物     55.3%

また、スマートフォンで写真を撮ると回答した人を対象に何の写真を撮るか聞いたところ、年代を問わず「風景」と回答した人が最も多く、20代で約8割、30代で約7割という結果になりました。

20代に比べ30代の方が既婚率も高いことから、30代では「家族」が61.6%で第2位に入りました。

スマートフォンで撮った写真の使い道

スマートフォンで撮った写真の使い道

続いて、スマートフォンで撮った写真の使い道を聞いたところ、20代男性、20〜30代女性では「SNSに投稿」、30代男性では「PCなどにデータを送信」と回答した人が最も多くなりました。

どの年代でも、写真をプリントし「モノ」として残すよりもデータのままで完結している人の方が多い様子が見受けられました。

また、より詳細な調査データを無料でダウンロードすることができるので、是非そちらも併せてご覧ください!

フォトブック作成アプリの利用動向

フォトブック作成アプリの利用率

フォトブック作成アプリ利用率

次に、フォトブック作成アプリの利用率をステータス別に調査したところ、「知っていて利用している」と回答したのは男女ともに既婚かつ子どもがいる人が最も多く、男性で38.9%、女性で41.1%となりました。

知っていて利用している」と回答した未婚男性が17.1%、未婚女性が18.2%であることと比べると、利用率に20%以上差があることがわかりました。

また、フォトブック作成アプリを「知っているが利用していない」と回答した人を対象に、利用しない理由を尋ねると、

スマートフォンに保存されているフォトギャラリで眺めてるだけで十分だと思っているから(22歳男性)

フォトブックにするテーマが見つからないので(子どもが生まれたら作りたい)(29歳女性)

ストック画像が多すぎて、いざフォトブックを作る段階になっても、とても選びきれないだろうし、その手間が若干面倒くさいので(31歳女性)

紙媒体に残す必要性を感じていないという意見や、フォトブックにするような写真がないという意見、フォトブックを作成するのが手間であるといった意見が挙がりました。

利用しているフォトブック作成アプリ

【利用フォトブック作成アプリ】

〈男性〉
1位:みてね         43.0%
2位:ノハナ         36.2%
3位:しまうまフォトブック  26.7%

〈女性〉
1位:ノハナ         40.6%
2位:しまうまフォトブック  26.8%
3位:みてね         25.9%

続いて、フォトブック作成アプリを利用していると回答した人を対象に、利用しているアプリを聞いたところ、男性では「みてね」と回答した人が43.0%、女性では「ノハナ」と回答した人が最も多く40.6%となりました。

男女によって利用しているアプリが異なることが判明しました。

フォトブック作成アプリの使い方

【どんな写真をフォトブックにするか】

〈20代男性〉       〈20代女性〉
1位:風景   62.5%   1位:家族      52.1%
2位:動物   45.4%   2位:友人・恋人   40.2%
3位:食べ物  41.4%   3位:風景      37.4%

〈30代男性〉       〈30代女性〉
1位:家族   63.9%   1位:家族      80.2%
2位:風景   45.8%   2位:友人・恋人   25.3%
3位:動物   36.1%   3位:風景      24.0%

どのような写真をフォトブックにするのか聞いたところ、20代男性では「風景」、20代女性、30代男女では「家族」と回答した人が最も多い結果となりました。

また、「家族」と回答した人の中でも年代が上がるほど利用率は高く、30代女性は80.2% と20代女性の52.1%と比べると30%近い差が見受けられました。

【誰のために作成したか】

〈20代男性〉         〈20代女性〉
1位:親      38.2%   1位:自分    44.7%
2位:自分     34.9%   2位:親     24.7%
3位:祖父・祖母  28.3%   3位:配偶者   21.5%

〈30代男性〉         〈30代女性〉
1位:子ども    40.0%   1位:自分    49.3%
2位:親      35.5%   2位:子ども   42.9%
3位:自分     34.8%   3位:親     28.1%

さらに、フォトブックを誰のために作成したのか尋ねると、20代男性は「」、30代男性は「子ども」、20〜30代女性は「自分」と回答した人が最も多くなりました。

性年代によって順位に変動はありますが、自分を含めた家族のためにフォトブックを作成する人が多いと言えそうです。

フォトブック あとがき

以上、フォトブック作成アプリに関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、各項目の男女別集計結果や記事中データ以外にも「今後フォトブックアプリを利用してみたいか」「フォトブックアプリの利用プラン」など詳しい回答結果ご覧いただけます。

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

■調査期間:2019年4月8日(月)

■調査項目
<基本情報>「モノ」として残したいもの/写真の撮影率/写真の使い道/プリントした写真をアルバムにまとめるか
<経験者情報>フォトブックアプリ利用率/利用プラン/利用しているアプリ/フォトブックにした写真/誰のために作成したか

調査データ ダウンロード

 

綿貫 葵
株式会社テスティーで働いています。
三度の飯より飯が好きです。