プチプラコスメに関する調査【2021年版】

プチプラコスメ調査 アイキャッチ

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、15〜24歳までの女性830(高校生316名、大学生(専門・短大含む)514名)を対象に「プチプラコスメ」に関する調査を実施しました。

プチプラコスメの利用率やデパコスとの利用比率、若年層がプチプラコスメで重視していることなどの調査データをご覧ください!
この調査は定点調査です。「プチプラコスメに関する調査【2020年】

▼このページの最後に調査データのDLフォームがございます▼
   ▶こちら/クリックでDLフォームに飛びます。
   ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

 

プチプラコスメに関する基本情報

まず、プチプラコスメに関する基本調査を行いました。

プチプラコスメの利用率と前回との比較

プチプラコスメ 調査画像115〜24歳の女性830名を対象にプチプラコスメの利用経験を聞いたところ、「プチプラコスメを利用したことがある」と回答した人は高校生で93.4%、大学生で95.1%という結果になり、高校生よりも大学生の方が利用経験率が高い事がわかりました。

【前回の調査との変化】

<プチプラコスメ利用率>

 高校生女性 2020年:94.8% → 2021年:93.4%(1.4pt減)
 大学生女性 2020年:91.8% → 2021年:95.1%(3.3pt増)

前回の調査と比較すると高校生は減少傾向にあり、大学生は増加傾向にあるようです。

利用比率

また、プチプラコスメとデパートコスメ(以下、デパコス)の利用比率を聞いたところ、「ほぼプチプラコスメを利用している」と回答した人は高校生で57.3%、大学生で47.4%という結果になりました。
この結果から、今年も若年層はデパコスよりもプチプラコスメを中心に利用していることが伺えます。

プチプラコスメの情報入手方法と購入場所

【情報入手方法】

第1位:SNS

 <高校生>82.0%
 <大学生>76.3%

第2位:YouTube

 <高校生>50.8%
 <大学生>37.3%

第3位:友人・家族

 <高校生>41.7%
 <大学生>35.7%

次に、「プチプラコスメを利用したことがある」と回答した人を対象に、プチプラコスメの情報入手方法を聞いたところ、高校生・大学生ともに第1位は「SNS」、第2位は「YouTube」となり、情報入手方法は年代で差がないことが分かりました。

さらに、情報入手方法は「YouTube」と回答した人に自由回答にて「コスメ情報を収集する際に見るYouTuber(またはチャンネル名)」と「購入場所」を聞いています。この記事のより詳細な調査データも無料でダウンロードできるようになっておりますので、こちらも併せてご覧ください!

プチプラコスメに関する深堀り調査

そして、プチプラコスメに関する深堀り調査を行いました。

お気に入りのプチプラコスメ

プチプラコスメ 調査画像3まず、「お気に入りのプチプラコスメランキング」を調査したところ、高校生・大学生共に第1位は「CANMAKE(キャンメイク)」、第2位は「CEZANNE(セザンヌ)」となりました。
ランキングでは年代による大きな違い、前回の調査からの変化が見られなかったものの、お気に入りのブランド数に着目すると高校生は「4.5個」、大学生は「4.3個」という結果になり、前回の調査からお気に入りブランド数が若干増加したようです。

プチプラコスメで重視するポイント

プチプラコスメ 調査画像3次に、プチプラコスメで重視するポイントを尋ねたところ、「価格」という回答が全体では5〜6割と最も多く、以下も差はなく高校生も大学生も重要視している点は同じようです。

プチプラコスメで購入することが多いコスメジャンル

<高校生>

第1位:アイシャドウ 37.6%
第2位:リップ    27.8%
第3位:下地      8.5%

<大学生>

第1位:アイシャドウ 34.4%
第2位:リップ    21.4%
第3位:アイライナー   9.7%

続いて、「プチプラコスメで購入することが多いコスメジャンル」を聞いたところ、高校生・大学生共に第1位が「アイシャドウ」、第2位は「リップ」となり、高校生のみ前回の調査から変化が見られました。
やはり今年も「色もの」をプチプラで購入することが多いと言えそうです。

デパコスの代用品としてプチプラコスメの購入経験

【代用品の検索・購入経験】

<高校生>

経験がある 64.1%

<大学生>

経験がある 62.3%

最後に「デパコスの代用品として似たような効果のあるプチプラコスメを探したり実際に購入したことがあるか」を聞いたところ、「経験がある」と回答した人は年代を問わず6割以上となりました。

金銭的な制限があるの大きい学生にとって、デパコスに色味や効果が似ていること、デパコスに負けないぐらいの種類が出ていることもプチプラコスメを購入するきっかけとなっているようです。

あとがき

以上「プチプラコスメ」に関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、
情報入手するために見ているYouTuber・チャンネル
プチプラコスメに使用する1ヶ月の平均額
など記事中データ以外の調査結果もご覧いただけます。

ネットリサーチに興味がある、どんな調査が可能か話を聞いてみたいという方は
テスティーリサーチへお気軽にお問い合わせ下さい!

調査データ ダウンロード

 

調査データ 詳細

■調査期間:2021年2月22日(月)〜 2021年2月23日(火)

■調査項目
<全体情報>メイク頻度/美容意識/プチプラコスメの利用経験/普段利用しているのはプチプラコスメかデパコスか/プチプラコスメの情報収入源/情報収集に観ているYouTuber/プチプラコスメの購入手段/プチプラコスメに使用する1ヶ月の平均額/「プチプラコスメ」と聞いて思い浮かぶ企業は?/お気に入りのプチプラコスメ/最もお気に入りのプチプラコスメ/お気に入りのプチプラコスメを選んだ理由/プチプラコスメで重視するポイント/決まったコスメを利用するかそれとも色々な種類のコスメを利用しているか/プチプラコスメで購入する機会が多いコスメジャンル/デパコスの代用品としてプチプラコスメを購入した経験/自身の肌質

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

yassy
株式会社テスティーで働いています。
夢かわいいものと派手なものと美味しいものが好きです。