ファストファッションに関する調査【2020年版】

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、10〜20代男女1,754(10代男性435名、10代女性408名、20代男性486名、20代女性425名)を対象に「ファストファッション」に関する調査を実施しました。

ファストファッションの利用率や利用ブランド、ファストファッションの割合など調査結果を御覧ください。
この記事は定点調査です。「ファストファッションに関する調査(2019年版)

また、この調査データを無料でダウンロードできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

ファストファッションに関する基本調査

まずは、ファストファッションに関する基本調査を行いました。

ファストファッションの利用率

ファストファッションに関する調査画像110〜20代男女1,754名を対象にファストファッションを利用したことがあるかどうかを聞いてみたところ、「現在も購入している」と回答した人は、10代男性が69.0%、10代女性が74.0%、20代男性が61.7%、20代女性が73.9%という結果になりました。

【前回の調査との変化】

<現在も購入していると回答した人>

 10代男性 2019年:71.7% → 2020年:69.0%(2.7pt減)
 10代女性 2019年:80.7% → 2020年:74.0%(6.7pt減)
 20代男性 2019年:64.2% → 2020年:61.7%(2.5pt減)
 20代女性 2019年:77.1% → 2020年:73.9%(3.2pt減)

全体では約7割が「ファストファッションを現在も購入している」という結果になりましたが、前回の調査から比較するとどの性年代も割合は減少傾向にあり、さらに最も数値の減少が見られたのは10代女性ということが分かりました。

続いて、「以前は購入していたが、現在は購入していない」と回答した人を対象に、ファストファッションを利用しなくなった理由を尋ねました。

着回しがしづらくなった。首周りのゴムがすぐにへたるから。(19歳 男性)

ネットで買った方が安くて楽だから(17歳 女性)

ネット注文が増えて海外のものが増えたから(23歳 男性)

環境に悪いし、ずっときられる洋服を高価でも買った方が結果として安い(28歳 女性)

品質に関する不満や高価なものを長く着るといった意見が多く、若年層では特に「ネットで購入するようになった」という意見が多く見られました。ネットが普及したことによりそのような意見が前回よりも増えたようです。

また、現在では「コロナの影響で外出をしなくなったからそもそも洋服を購入しなくなった」との声も少なからずあるようでした。

※「ファストファッションは購入したことがない」と回答した人に購入したことがない理由や、他のファッションアイテムを購入する頻度・使用額など聞いてみました。より詳細な調査データを無料でダウンロードすることができるので、是非そちらも併せてご覧ください!

ファストファッションの利用実態の深堀り調査

最もよく利用するファッションブランド

【最もよく利用するのはファストファッションブランドorそれ以外のファッションブランド】

<10代>

 ファストファッション 74.3%

<20代>

 ファストファッション 77.7%

続いて、最も利用するファッションブランドはどちらかを尋ねたところ、「ファストファッション」と回答した人が7割を超えました。「現在もファストファッションを購入している」と回答した人の割合は前年度より減少傾向にあったものの、「最も利用するファッションではファストファッションが支持されているようです。

利用したことがあるファストファッションブランド

ファストファッションに関する調査画像2次に、ファストファッション利用者を対象に「利用したことがあるファストファッションブランド」を聞いたところ、10〜20代男性と20代女性は第1位が「ユニクロ」となりましたが、10代女性のみ第1位が「GU」という結果になりました。

今回の調査でも外資系ファストファッションブランドに比べ、国内のファストファッションブランドの利用率が高いことが判明しました。

ファッションアイテムを捨てるタイミング

【ファッションアイテムを捨てるタイミング】

<10代>
                
 第1位:傷んだりへたってきたら  49.3%
 第2位:汚れが目立ってきたら   46.8%
 第3位:サイズが合わなくなったら 43.4%

<20代>
                
 第1位:傷んだりへたってきたら  60.7%
 第2位:汚れが目立ってきたら   51.3%
 第3位:一定期間着用したら    27.4%

最後に、ファッションアイテムを捨てるタイミングを尋ねたところ、「傷んだりへたってきたら」と回答した人が性年代問わず最も多く、次に「汚れが目立ってきたら」という回答が続きましたが、第3位が10代では「サイズが合わなくなってきたら」、20代では「一定期間着用したら」という回答で捨てるタイミングに違いがあることが分かりました。

10代は成長過程ということもあり体型の変化が大きいことからこの結果になったようです。

ファストファッション あとがき

以上、ファストファッションに関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、各項目の男女別集計結果や記事中データ以外にも「ファッションに関する情報の収集方法」「ファッションアイテムを選ぶ際に重視するポイント」「ファッションアイテムを売った経験」「ファッションアイテムを捨てずに売る状況」など詳しい回答結果ご覧いただけます。

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

■調査期間:2020年7月7日(火)〜 2020年7月8日(水) 

■調査項目
<基本情報> ファストファション利用率/ファッションアイテムの購入頻度/ファッションに関する情報の収集方法/情報収集に使用するSNS
<経験者情報>利用経験のあるファストファッションブランド/ファストファッションで購入するアイテム/ファッションアイテムの売り方

調査データ ダウンロード

 

yassy
株式会社テスティーで働いています。
夢かわいいものと派手なものと美味しいものが好きです。