リップに関する調査【2022年版】

若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて、10〜30代女性1,398名(10代女性359名、20代女性417名、30代女性622名)を対象にリップに関する調査を実施しました。

リップの使用率や所持しているリップの種類、リップに対する購買意欲やテスターなどに関する調査の結果をご覧ください!

この調査は定点調査です。
リップに関する調査(2019年)
リップに関する調査【2020年】
リップに関する調査【2021年】

▼このページの最後に調査データのDLフォームがございます▼
   こちら/クリックでDLフォームに飛びます。
   ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!

※記事では10〜30代女性のデータを使用していますが、ダウンロードデータ内には40代以上の調査データもご用意しています。

リップ(口紅)に関する基本調査

まず、リップ(口紅)に関する基本調査を行いました。

リップの使用率

まず、日常的にメイクをすると回答した人を対象に、メイクをする際にリップを使用するかどうかを尋ねたところ「リップを使用する」と回答した人は10代で84.7%、20代で75.5%、30代で51.8%となり、前回の調査同様により若年層になるにつれてリップの使用率が高いことが分かります。

【前回の調査からの変化】

<リップ使用率>

 10代 2021年:87.2% → 2022年:84.7%(2.5pt減)
 20代 2021年:74.3% → 2022年:75.5%(1.2pt増)
 30代 2021年:51.5% → 2022年:51.8%(0.7pt増)

前回の調査から比較すると、20代・30代のリップ使用率は増加しており、10代だけが使用率が減少傾向である様子が伺えました。コロナ禍の規制緩和により使用率の若干の増加に繋がっているようです。

調査結果に変化が見られました。今回の調査との比較用にご覧ください。
前回の調査記事はこちらから閲覧できます

所持しているリップの種類

そして、リップを使用していると回答した人を対象に、所持しているリップの種類を調査したところ、全年代で第1位は「口紅」となり、持っている人は7割を超え、次に10代・20代は「リップティント」、30代は「グロス」と続きました。順位は異なるものの、所持している種類に大きな差は無いようです。

※リップを使用すると回答した人を対象に「所持しているリップの本数」や「リップ1本の値段で高額だと感じる金額」など聞いてみました。詳細なデータは無料でダウンロードすることができるので、是非そちらも併せてご覧ください!

リップ(口紅)に関する深堀り調査

次に、リップ(口紅)に関する深堀り調査を行いました。

リップへの購買意欲が促されるタイミング

リップへの購買意欲が促されるタイミングを調査したところ、全年代で「SNSで情報が流れてきた時」という回答が最も多く、10代で50.7%、20代では45.4%、30代では42.2%となりました。どの年代もSNSを参考にしているということがわかります。
また、10代では他の年代では上位にはランクインしなかった「有名人が使用していたとき」という理由が第3位にランクインしたことから若年層は使用している人物や広告塔である人物も重要視しているという様子が伺えます。

また、欲しいリップがあった際にどのように検索するか自由回答にて聞いてみました。

【10代、20代】

好きな女優さんのSNSを見る。◯◯年流行りのリップで調べる。(14歳 女性)

LINEのオープンチャットで使用感を聞く(17歳 女性)

YouTubeで全色紹介している動画を見る(18歳 女性)

比較動画を見て色味を確かめる(22歳 女性)

口コミサイト、Twitter、Instagramで商品名を検索する(27歳 女性)

10代、20代では特に「YouTubeの紹介動画を検索」や「SNSで検索」という回答が多く、使用している人の意見を参考にしているという声が多く挙がりました。そして、やはり「好きな女優」や「インフルエンサー」の使用しているものを自分も購入したいと考えている人も多く見られました。

【30代】

口コミサイトで商品名を検索する(30歳 女性)

Amazonや楽天でレビューを見る、Twitterで検索をかける(32歳 女性)

お店に行って試してみる。手につけて色合いが自分に合うか見る(37歳 女性)

検索しません、店頭テスターサンプルから選ぶ(38歳 女性)

30代では「口コミを一通り見る」といった回答が多く、また、「検索はせずに店舗に行って確かめる」といった声が多く、人の意見も大事にしつつ最終的には自分で実際に色味を試してから購入したいと考えている人が多くいる様子が伺え、10代・20代との違いが見られました。

※より詳しい自由回答や「リップを購入する際に重視すること」や「リップの購入場所」などの詳細なデータは無料でダウンロードすることができるので、是非そちらも併せてご覧ください!

リップを試すことが出来るサービスについて

最後に、リップを試すことが出来るサービスについて調査しました。

【(ARなど)インターネット上やアプリでリップを試すことができるサービスを利用したいか】

<10代> 77.0%

<20代> 64.5%

<30代> 64.6%

※「利用したい」「やや利用したい」選択者

まず、(ARなどで)インターネット上やアプリでリップを試すことができるサービスがあれば利用してみたいかどうか尋ねてみたところ、「利用したい」と回答した人は、10代で77.0%、20代で64.5%、30代で64.6%となり、全年代で半数以上の人が利用意欲があることがわかります。また、より積極的に利用したいと考えているのは10代という結果になりました。

【自宅でテスターを試すことが出来るサービスを利用したいか】

無料なら試したい

  <10代>78.9% <20代>75.6% <30代>81.7%

有料でも利用したい

  <10代>12.8%  <20代>13.0%  <30代>9.3%

利用したくない

  <10代>8.2%  <20代>11.4%  <30代>9.0%

そして、自宅でテスターを試すことができるサービスがあれば利用してみたいかどうかを尋ねたところ、約7〜8割の人が「無料なら試したい」と回答したことが分かり、もっとも利用意欲が高いのは30代という結果になりました。

ネット上で試せるサービス、自宅にテスターが届くサービス共に料金がかからず手軽に試せるものがあればリップを購入するきっかけとなり、使用率はまた増加するのかもしれません。

リップに関する調査あとがき

以上、リップに関する調査結果をご紹介しました。

下部の集計データダウンロードより、各項目の年代別集計結果や記事中データ以外にも詳しい回答結果をご覧いただけます。

*調査結果から、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット
「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」の表記をお願いします。

■調査期間:2022年9月26日(月)

■調査項目
メイクをする頻度/リップ利用率/リップ所持数/所持しているリップの種類/リップ購入頻度/1ヶ月にかかるリップ代/リップ1本で高額だと感じる金額/リップの情報入手源/リップの購買意欲が促されるタイミング/欲しいリップが見つかった際の検索方法/リップ購入場所/リップを購入する際に重視していること/リップ購入後の違和感を感じた経験の有無/テスターを試すか否か/リップのテスターへの不満/リップを試すサービスを利用したいか/自宅でテスターが試せるサービスを利用したいか/現在のリップ流行色の認知率/流行色のリップを購入した経験の有無/季節限定のリップを購入した経験の有無/

調査データ ダウンロード

 
株式会社テスティーで働いています。
夢かわいいものと派手なものと美味しいものが好きです。